株式市場をめぐる【波乱】は、2022年も継続するか??

今日のテーマは、『株式市場をめぐる波乱は、2022年も継続するか??』です。

 

 

新年がスタートして、早くも『4日』が経過しました。

 

 

全体的に見て、『1%超』の時間が経過した事になる。

 

 

目的意識を持って活動しないと、一瞬で過ぎ去ります。

 

 

今日から、仕事が本格稼働という方々も多いでしょう。

 

 

私も、年末年始モードを一掃して、仕事始めをします。

 

 

本日(1月4日)日本の株式市場も『大発会』を迎え、

エコノミストの市場予測も、順次出揃いつつあります。

 

 

その中で、

 

 

現時点、大勢を占めているのが、短期視点で見た時の、

覇権国・米国市場を発端とした一時的なマイナスです。

 

 

このように予測する理由は単純明快、シンプルなもの。

 

 

昨年末、

 

 

新型コロナ・オミクロン株の出現により、世界全体で、

新規感染者数が激増している(と言われている?)事。

 

 

それにより、再び経済活動が減速する可能性がある事。

 

 

そして、

 

 

そのような時期にも関わらず、昨年末お伝えした通り、

米国の『緩和縮小』が、既定路線として進められる事。

 

 

ご存知の通り、

 

 

経済活動が復活しきれていない状況の『緩和縮小』は、

心理的影響も後押しし、経済をスローダウンさせます。

 

 

私自身、このプロセスを通ることについては異論無し。

 

 

奇しくも、

 

 

米国・日本市場共、昨年末比上昇して開始しましたが、

今後の動向については、未だ、未知の要素が強いです。

 

 

かと言って、

 

 

市場予測を『ネガティブ』に捉えているわけではなく、

むしろ、長期的には相当『ポジティブ』に期待します。

 

 

現時点、

 

 

真偽は不明ながら、新型オミクロン株の重篤性は低く、

感染者数は兎も角、死者数は激増しそうにありません。

 

 

それを考慮すると、

 

 

この第6波(?)を乗り切れば、世界的に山場を越え、

『経済活動』が完全復活する算段も、非常に高くなる。

 

 

仮に、

 

 

2022年の前半が、その『準備期間』だったとして、

その後は、世界的に『一段高』を記録する局面が来る。

 

 

NYダウ平均株価などは『4万ドル』突破でしょうね。

 

 

個人的に、直近1年間は『低調』を維持してOKです。

 

 

スポーツをする場面でも、大きく『跳躍』する前には、

一旦、『しゃがむ』というプロセスが必要になります。

 

 

現実世界でも、先ずは下がらないと、上に飛べません。

 

 

冒頭、

 

 

大発会の『日本市場』は上昇スタートと伝えましたが、

同時に、コロナ新規感染1000人超も報道されます。

 

 

明日以降の(新型ウイルスに関連する)動向如何では、

この『上昇傾向』も、そう長くは続かない事でしょう。

 

 

エコノミスト予測では、2022年中盤を目処として、

現在の株価から『20%下落』も可能性に含まれます。

 

 

ただ、

 

 

人末には『トントン着地』になると予測がされており、

それが現実になれば、投資家には理想的な展開ですね。

 

 

後半は、更なる『含み益』が得られるかも知れません。

 

 

2022年の『資産形成』も、大いに楽しみましょう。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile