コロナ禍、さらに【2025年問題】は深刻化していく。

今日のテーマは、『コロナ禍、さらに2025年問題は深刻化していく』です。

 

 

久しぶりに『社会保障(年金・健康保険)』分野の話です。

 

 

遠く感じていた【2025年問題】も、

遂に、カウントダウンに突入しました。

 

 

社会保障分野における『2025年問題』、ご存知でしょうか??

 

 

過去には、この公式ブログでも取り上げたことがありますね。

 

 

コアな読者の方々は、恐らく、理解して頂いていると思います。

 

 

社会保障における『2025年問題』。

 

 

それは、

 

 

『団塊の世代』と呼ばれる、多くのベビーブーマー世代が、

『75歳』の後期高齢者へと突入するエポック・ポイント。

 

 

必然、

 

 

『後期高齢者』が爆発的に増加していくということは、

日本国の『医療費』も、増加の一途を辿っていきます。

 

 

2021年現在、

 

 

日本国の一般会計(単年度会計)予算は『102兆円』を突破し、

この数字は概算要求ベースであり(補正なし)、年々増加します。

 

 

それに対して、

 

 

新発国債等で調達するものを除いた、純歳入は『70兆円』ほどで、

『30兆円超』ものギャップを、『公債金』を積み上げて賄います。

 

 

この辺り、

 

 

財務省ホームページには、分かりやすく記載されているので、

国民三大義務の1つ『教育』として、一度見てみてください。

 

 

話を進めると、

 

 

年々、増加の一途を辿り、終着点も未だ見えない『歳出』ですが、

その最も大きな増加理由は、『社会保障費』が上昇し続けること。

 

 

2020年度時点、

 

 

一般会計だけで『36兆円』に迫る金額が計上されており、

実に、一般会計予算全体の『3分の1超』を担っています。

 

 

これが、まだまだ伸びるんですね。

 

 

実際、

 

 

国立社会保障・人口問題研究所による試算では、10年経たない、

2030年時点で、後期高齢者数は『2200万人』に迫ります。

 

 

国人全体の『5人に1人(約20%)』が、後期高齢者ということ。

 

 

実は、

 

 

【2025年問題】は、厳密には『2022年』から始まっていて、

来年の『後期高齢者数』の伸び率は、前年比較として約4%増です。

 

 

もはや、『出生者数』を凌ぐスピードですね。

 

 

念の為、確認すると、

 

 

医療費は、高齢者になるほど高額になることが分かっており、

現時点で、75歳以上の平均値は『年間:約92万円』です。

 

 

これは、

 

 

『高齢者予備軍』と呼べる45歳〜64歳の世代と比較しても、

『3倍超』と突出して高く、高齢者医療費の現実を投影します。

 

 

要は、『75歳』を越えた辺りから、身体が衰えるということ。

 

 

恐らく、この『ボーダー』に関しては、私たち世代も変わりません。

 

 

元々、

 

 

自民党政権も『財政健全化』を大命題にスタートしましたが、

当然、『大河の流れ(高齢化の波)』自体は止められません。

 

 

そこで、

 

 

国家全体としての『税収』をアップさせることを考えますが、

突如『新型ウイルス』の襲撃を受けて、あえなく頓挫します。

 

 

2019年時点、

 

 

『2020年度』の税収は、年間『63.5兆円』を見込みましたが、

恐らく、今から出てくるデータでは『10兆円』ほど下振れします。

 

 

そして、

 

 

二大都市圏に、3度目の『緊急事態宣言』が絶賛発令中の今年も、

その傾向(国家全体の税収減少)が続くことは、明らかなのです。

 

 

因みに、全体としての『歳出』も爆増していますが。

 

 

更に、

 

 

『コロナ禍』という混沌とした、希望が持ちにくい時代では、

間接的影響として、長期的な『出生数減少』のリスクもある。

 

 

実際、

 

 

日本国内の『出生数:100万人割れ』が問題になったのは、

僅か2年前の『2019年』ですが、以降の減少率もヤバい。

 

 

翌年、

 

 

2020年の年間出生者数は、『約87万人』と見られており、

収入・雇用減少が叫ばれる2021年は、更に悲惨な数字です。

 

 

将来的な『経済活動』『税収』の担い手が、急減少しているんですね。

 

 

この状況で、

 

 

『社会保障費(年金・健康保険)』は、歯止めが掛かりませんから、

『デフォルト』する以外の結末を描けないのは、私だけでしょうか。

 

 

コロナ禍、さらに【2025年問題】は深刻化しています。

 

 

過度に楽観的な『希望的観測』は、持たない方が良い。

 

 

国民一人一人が『現実』をきちんと捉えて、

着実に『準備』することが必要な時代です。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile