日本版401k★

今日のテーマは『日本版401k』です★

企業年金の変遷、『確定拠出型年金』の話です(^_^)

最近は、日本でも多くの企業が導入してきました。

そもそも、皆さん『確定給付型』と『確定拠出型』、

それぞれの違いを理解されているでしょうか?

どちらも、給与天引きという形で、

毎月企業が掛け金を拠出してくれるところは同じです。

これを、企業によって基準は違えど、

だいたい3~4%複利の計算で運用していきますが、

・『確定給付型』

→運用額と目標額の差を企業が補填。

・『確定拠出型』

→運用額が年金原資。運用に関しては自己責任

といった違いがあります。

ちょっと考えるとわかることですが、

人が労働する約30年間、3~4%複利で回すのはまあまあな計算です。

実際、従来の『確定給付型』では、

企業の『積立不足?:補填金額』がかなり大きくなって経営圧迫してました。

このため、運用に対して企業が責任を負わず、

補填もいらない『確定拠出型』に移っていってます。

で、結論を言うと、

『401kは、米国ではとっくに崩壊した制度』です。

理由は大きく2つ。

①運用で負ける。

→少し冷静に考えればすぐわかりますが、

素人がいきなり入ってきて勝てるほど、市場は甘くないです。

②証券会社が儲かる製品ラインナップ

→僕も、某N証券の商品を見ましたが、

見事に向こうが主導権を握る商品でした。

*つまり、売買手数料を儲けるチャンスが、

向こうに無限にある、ということです。

また、制度導入後2、3年ほどですが、

『運用益が上がった』と喜んでいる人がいます。

これは、単純に『上昇相場にお金を突っ込んでいる』ということ。

20~30年スパンの投資計画の冒頭に、

上昇相場にお金を入れることは得策には思えません。

つまり、割高株を掴まされている可能性がある。

まぁ挙げ出すと突っ込みどころ満載なのですが、

僕が言いたいのは、

『自分の人生の責任は、自分で取ろう』ということ★

『国が、会社がどうにかしてくれる』

こういう時代は、もう終わりました。

そのかわり、『自分で責任を取る』人にとっては、

今まで以上に『自由』になれる時代に入ってます☆

人生の主導権を人に渡すか、自分で握るか、

選択するのはあなた次第です(^o^)!

214

30 件のコメント