米国経済は、復調??

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

昨晩、『米雇用統計』が発表されましたね。

皆さん、チェックされましたか(^_^)??

まず、基本的なことの確認から入ります。

『米雇用統計』

米国労働省労働統計局が発表する、

米国内の雇用情勢を調べた、景気関連の経済指標です。

こういった統計は様々ありますが、

1番有名で影響力があると言って良い。

非農業部門に属する事業所で、

その給与支払い帳簿をもとに集計されます。

自営業者、農業従事者は含まず、

いわゆる日本で言う『会社員』の方々の雇用状況です。

対象事業所は全米で約40万社とされており、

対象従業員数は約4700万人。

実に、全米の約3分の1を網羅していると言われています。

ここまで大規模な統計データなら、

全体にも当てはめて考えられますよね(^_^)

正確には、発表される項目は10個。

・失業率

・非農業部門就業者数

・建設業就業者数

・製造業就業者数

・小売業就業者数

・金融機関就業者数

・過労働時間

・平均時給

などなど。

このうち、上の2つが最重要視されてます。

発表は毎月第一金曜日の現地時間am8:30。

日本時間では4-10月:21:30、11-3月:22:30です。

日本では市場が閉まった金曜夜の発表のため、

これを受けて月曜の市場が動くんですよね。

特に、日本は米国経済に大きく影響受けるので、

この統計発表はいつも見ておく必要があります。

ここまで、基本事項の確認でした★

で、昨晩発表されたのは、

2015年12月の米国の経済状況です。

結果を言うと、

新たに創出された『非農業部門雇用者数』は『約29万2000人』。

これは、市場予想の『20万人』を大きく上回りました。

また、昨年11月の値についても、

速報値『21万1000人』から改訂が入り、

『25万2000人』に上方修正されました。

2015年全体で見ると、米国内では、

新たに『265万人』の雇用が創出されたことになります。

失業率も『5%』と発表。

2012年当時『8%台』を連発していた頃から見ると、

確実に減少していることがわかります。

発表としては、

米国経済の『復調』をアピールする大きな材料でした。

これを受けて、株式市場も伸びるかと思いきや、

『ダウ工業株30種平均』は167.65$安の『1万6346.45$』。

『S&P総合500種指数』も21.06ポイント安の、

『1922.03』で昨日の取引を終えてます。

『ダウ』に関しては、

チャイナショック前は『1万8000$』越えてたのに、

そこから考えるとだいぶ落ちましたよね。

これを受けて、月曜の日本市場も続落です。

短期視点の『デイトレ』される方にとっては、

まさに波乱の2016年スタートとなりました。

なぜ、ここまで反応が悪いかと言うと、

1つは『平均時給』の値が良くなかったようです。

ほぼ横ばいで、

政府が掲げるインフレターゲットの目標達成が困難だと。

あとは、やはり『中国経済』の先行き不安。

この辺りに世界が希望を見出だすまでは、

『混沌』の状況は続いていくと見られます。

今回の結果を受けて、『株価指数』に重きを置く派は、

米国が今年4回計画している『利上げ』に慎重な意見を述べてます。

『利上げ』するってことは、

借りて勝負するまで、有利な『投資』があるってことなので。

不景気の時にやったら、

経済の『減速要因』になりかねません。

対して、『雇用統計』に重きを置く派は、

『米国経済の復調』を大きく評価し、『利上げ』に肯定的です。

様々な意見がある。

もちろん、出てくるデータを鵜呑みには出来ません。

これだけ世間が反応する『米雇用統計』も、

政府の意向がないと言えば嘘になるでしょうから。

でも、無関心はいけない。

『為替』の話と一緒です。

基本レベルは、どんな人も理解しておこう。

僕達の生活に、直結してくるから(^_^)★

545

10 件のコメント