2021年も、株式市場は【異次元相場】を継続するのか??

今日のテーマは、『2021年も、株式市場は【異次元相場】を継続するのか??』です。

 

 

新年がスタートして、2日間が経過しました。

 

 

世間一般では、まだまだ『正月モード』ですよね(笑)

 

 

ただ、

 

 

私たち『事業家』の世界の常識では、基本的には、

ぐうたらする『正月モード』は、存在しないです。

 

 

確かに、

 

 

『正月』に伴う、一通りのイベントは経験しますが、

正月特番を梯子して、ダラダラと過ごすことはない。

 

 

節目として、

 

 

昨年の振り返りと、今年の目標設定は行いますが、

それ以外、通常通りのスタンスで過ごしています。

 

 

そう言えば、毎年、同じことを書いていますね。

 

 

例えば、

 

 

『正月三ヶ日』と表現される『3日間』ですが、

1年間全体から考えると『1%』に相当します。

 

 

投資家的観点では、『1%』を無視する人間は成功しません。

 

 

単純に、それを『100回』繰り返したら『1年間』ですね。

 

 

仮に、

 

 

もしも、この『正月三ヶ日』をダラダラと過ごしたら、

今後も、それを『あと100回』繰り返すだけなので、

『2021年』も、大した年にはならないでしょう。

 

 

しかし、

 

 

世の中一般としては、『ダラダラ過ごす派』が大多数である為、

『何も成し遂げる事なく、人生を終える人』が大半になります。

 

 

多くの方々は、

 

 

どこかでワンチャン、『一攫千金』を当てることばかり夢見て、

人生を通して、『着実なこと』を積み上げる事を避けがちです。

 

 

現実世界は、

 

 

『当たり前のこと』を積み上げることでしか向上しませんが、

それには、ワクワク・ドキドキが伴わない為、ウケないです。

 

 

元メジャーリーガーのイチロー選手も、次の言葉を残しています。

 

 

『小さい事を積み重ねるのが、とんでもない所へ行く、ただ一つの道だと思っています。』

 

 

日米・両球界にて、

 

 

プロ通算『4367安打』という前人未到の異次元記録を叩き出し、

メジャーリーグ通算でも『3089安打』を記録した、レジェンド。

 

 

まさに、

 

 

『とんでもない所』と表現される異次元ワールドの達成者ですら、

『小さなこと』の積み重ねでしか、到達できなかったと話します。

 

 

イチローがそう言うのですから、それがそのまま『証明』ですね。

 

 

もはや、どんな反論が為されようとも『無意味なもの』と感じます。

 

 

取り敢えず、私自身も『小さなこと』を積み上げる人生を楽しみます。

 

 

久々に『前置き』が長くなったので、『本題』に入ります。

 

 

少し振り返りますが、

 

 

昨年(2020年)の株式市場は、日米・両市場とも、

『歴史的高値圏』を推移しながら、取引を終えました。

 

 

日本市場では、

 

 

代表指数・日経平均株価が『2万7000円』を突破して、

『平成』の30年間では経験しなかった水準まで回復(?)。

 

 

米国市場も、

 

 

代表指数・NYダウ平均株価が『3万ドル』の大台を突破し、

『過去最高値』を更新する形で、年内取引を終えています。

 

 

日の巡り的に、

 

 

2021年は、『正月三ヶ日』が土日と重複していますが、

週明けからスタートする新年取引も、注目が集まりますね。

 

 

スケジュール的に、

 

 

一足先に開場するのが『日本市場』ですが、大方の予想では、

昨年最終取引の米国市場の煽りを受けて、上昇から開始する。

 

 

また、

 

 

『米国市場』も、先行きに対する『楽観ムード』は継続で、

『3万ドル超相場』も、続伸の可能性が高いと見られます。

 

 

対して、

 

 

『新型ウイルス』を巡る社会情勢は、日米両市場とも、

加速度増して、一段と『厳しさ』が顕在化しています。

 

 

世界全体では、

 

 

累積感染者数は『8000万人』を突破して、尚、増加し続け、

少なくとも2カ月継続する北半球の冬季は、勢い止まりません。

 

 

勿論、

 

 

その筆頭は、覇権国でありながら、感染大国である『米国』で、

日内新規感染者数は、今尚『15万人レベル』をキープします。

 

 

また、

 

 

日本国内も、米国には匹敵しないながらも、増加傾向にあり、

日内新規感染者数は、『4000人弱』というペースで推移。

 

 

これを受けて、

 

 

感染拡大が加速する『東京都』と、近隣3県の合同により、

日本政府に対して『緊急事態宣言』発令を要請する事態に。

 

 

それ以外の地域でも、

 

 

外出する『人出』は、例年と比較して、確実に減少しており、

それに呼応する形で『経済活動』の規模も縮小されています。

 

 

それ(経済活動規模縮小)を証明する報道は、枚挙に遑がないですよね。

 

 

『2020年』の1年間、飲食業界の倒産企業数は過去最高値を更新。

 

 

また、

 

 

同様に、ダイレクトに影響を受けた『観光業界』でも、

老舗旅館・ホテル閉館の報道は、連日、流れて来ます。

 

 

何度もお伝えしますが、『経済循環』が落ちているので、必然です。

 

 

にも関わらず、

 

 

世界中で、『株式市場』だけが異次元相場を形成するのは、

いったい、どのようなロジック(理屈)なのでしょうか??

 

 

それは、簡単に説明が可能です。

 

 

現在、

 

 

この世界的『新型ウイルス危機』から、市場ダメージを軽減する為、

主要3中央銀行*が、異次元レベルの『金融緩和』を推し進めます。

(*FRB:米・連邦準備銀行、ECB:欧州中央銀行、日本銀行)

 

 

某内資系証券の推計では、

 

 

『新型ウイルス危機』が本格化した、昨年3月以降、12月迄の期間、

主要3中央銀行の資産増価額は『800兆円規模』に上ると言います。

 

 

まさに、『異次元』で想像すら出来ませんね。

 

 

昨年も書きましたが、

 

 

我が国の中銀・日本銀行は、年間12兆円ペースでETFを買い支え、

その結果、東証一部上場企業全体として『大株主』に躍進する始末。

 

 

また、

 

 

相場下落局面において、『異次元』の買い支えを見せますから、

『実体経済』と乖離して、『株式市場』はどんどん上昇します。

 

 

そして、昨年12月、『緩和長期化』の姿勢は、強められています。

 

 

『ワクチン』の完成如何には、あまり関係がなく、

恐らく、『新型ウイルス』問題は、長期化します。

 

 

しかし、

 

 

主要3中銀が『緩和姿勢』を推し進めるのであれば、

株式市場の『異次元相場』は、2021年内も進行。

 

 

ただ、その『ツケ』はいつか支払わなければならず、

債務者も、最終的には『私たち』になるはずですが。

 

 

解決されない『リスク』を孕みながら、2021年も市場は幕を開けます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■1/27(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■1/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■1/27(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■1/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile