【アルケゴス・ショック】は、果たして、終焉を迎えたのか??

今日のテーマは、『アルケゴス・ショックは、果たして、終焉を迎えたのか??』です。

 

 

今月(4月)初め、ちょっとした(?)動揺が市場に走りましたね。

 

 

本日は、その『アルケゴス・ショック』について書き進めていきます。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『高リスク資産に傾倒する市場は、難局を乗り切れるのか??』と題して、

『低信用格付け債権』市場に見られている、異変についてご紹介しました。

 

 

昨年(2020年)、

 

 

突如出現した『新型ウイルス』により、世界経済は影響を受けて、

凡ゆる面において『世界』が一変してしまう出来事が起きました。

 

 

2008年、

 

 

『未曾有の経済危機』の痛みを忘れていなかった市場は驚いて、

世界各国協力して、異次元レベルの『金融緩和』を実現します。

 

 

その結果、

 

 

幸いにも、前回のような『メルトダウン』危機は免れたものの、

行き場を失った『投資マネー』は、世界中を駆けめぐることに。

 

 

日本国内では、

 

 

過去最高レベルに『預貯金』が積み上がる珍事が起きていますが、

世界的には、凡ゆる『投資対象』に緩和マネーが流入しています。

 

 

この局面、

 

 

凡ゆる『投資対象』の保有者が、莫大な利益を獲得していく中で、

唯一、『負けゲーム』を強いられる事になるのは現金保有者です。

 

 

これは、

 

 

現代版:資本主義の時代を生きる上で、常識的なことですが、

2021年現在、未だ、日本では『市民権』を得ていません。

 

 

この事実こそが、『経済・金融音痴』と言われる所以ですね。

 

 

幸か不幸か、

 

 

一投資家として、『含み益』は潤沢に得ていますが、

歴史的に見ると、良くない雰囲気を感じる状況です。

 

 

何故なら、

 

 

民族を問わず、『人間』というものはそれほど賢くなく、

『万事順調な時』は、得てして調子に乗ってしまうから。

 

 

そして、

 

 

このような、『何をやっても、上手くいく!』という局面では、

世界の金融スペシャリスト達も、例に漏れず『やり過ぎ』ます。

 

 

その典型的事例の1つが、『アルケゴス・ショック』です。

 

 

状況を知らない方々の為に、少しだけ情報を整理します。

 

 

アルケゴスは、

 

 

元ヘッジファンド運用者、ビル・ホワン氏が運営している、

『個人資産管理』を目的とした、所謂ファミリーオフィス。

 

 

一般的に、

 

 

『資産運用・管理』をメインとするプライベート・バンクとは異なり、

『一族の永続的発展』を主目的として、総合的サービスを提供します。

 

 

共通点は、

 

 

そこで運用される資金が、『個人』のものに限定されており、

公募性ががなく、SEC(米証券取引委員会)監視下にない事。

 

 

その結果、

 

 

ヘッジファンドにおける運用同様、『秘匿性』が確保されており、

部外者から、どのような管理体制・運用方針か全く分かりません。

 

 

もちろん、

 

 

それにより、大きな『メリット』を享受できる側面もありますが、

『自由』の対価として存在する『責任』も漏れなく付いて来ます。

 

 

この辺り、『権利』と『義務』が1セットなことと同様ですね。

 

 

話を戻すと、

 

 

アルケゴス運用者:ビル・ホワン氏の保有資産は、一説によると、

約100億ドル(約1兆1000億円)程だったと言われますが、

各金融機関からの借入含めて、運用資産は『500億ドル』超え。

 

 

所謂、『レバレッジ』というやつです。

 

 

『テコの原理』を利用した運用方法は、上昇局面では良いのですが、

一旦、『想定外』のリスクが生じると、一気に破綻へと近づきます。

 

 

仮に、

 

 

『100億ドル』の資産しか(?)持たないアルケゴスが、

レバレッジ『5倍』で取引した時、2割程度の資産下落で、

自己資金『100億ドル』は簡単に吹き飛んでしまうから。

 

 

実際の取引では、

 

 

より手前の段階でマージンコール(追証請求)が掛かるので、

『試合終了』となる確率は、さらに高まって来るものですが。

 

 

また、

 

 

今回、アルケゴスが行っていたのは『ブロック取引』と見られ、

複数の証券会社等から、私的な相対取引により『特定銘柄』を、

市場に供給されている相当割合(10%未満)取得するもの。

 

 

これも、

 

 

個人投資家が、『単一銘柄』を大量保有する場合とまったく同様で、

対象銘柄が上昇すれば良いですが、下落した時は『地獄』を見ます。

 

 

その結果、

 

 

話題に上がる『アルケゴス』も、保有銘柄の株価下落を受けて、

『試合終了』のホイッスルが吹かれる間際まで追い込まれます。

 

 

そして、

 

 

被害を受けているのは、対象銘柄の取引きに関わり、且つ、

『レバレッジ』の資金を融資していた金融機関も同様です。

 

 

実際、

 

 

日本の証券会社では、野村証券の米国子会社が取引に関わり、

20億ドル(約2200億円)級の損失が見込まれています。

 

 

比較すると、

 

 

規模感は小さくなってしまいますが、三菱UFJ証券は約300億円、

みずほフィナンシャルグループも買付損失100億円を見込みます。

 

 

海外勢では、

 

 

ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーは迅速に対処し、

『被害額』を最小限度の食い止めに成功したとの報道もあります。

 

 

しかし、

 

 

名門クレディ・スイスは、『44億スイス・フラン』もの巨額損失を見込み、

この金額は、減配や自社株買い停止を発表するほど経営への影響を与えます。

 

 

(*現行為替レートで、日本円換算:約5200億円です。)

 

 

実際、

 

 

これらを足し合わせた『損失額』は、

『世界経済』全体に影響を与える程、

大きなものという訳ではありません。

 

 

最悪、

 

 

『アルケゴス』というファミリーオフィスが終焉したところで、

『当事者(金融機関含む)』に『痛み』が伴うのは当然ですが、

この一事例に限定すれば、私たちには影響はないと想像します。

 

 

しかし、

 

 

『情報公開』の必要性を備えない、ファミリーオフィスの類が、

世界中で『レバレッジ取引』していると考えたらどうでしょう。

 

 

何かのトリガー(引き金)によって、一気に連鎖破綻しますね。

 

 

そのような『危うさ』を、常に、資本主義経済は持っています。

 

 

『アルケゴス・ショック』は、果たして、静かに終焉するのか。

 

 

個人的には、暫くの間は『予断』を許さないと感じています。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile