あなたは、【少数派】になることに慣れていますか??

今日のテーマは、『あなたは、少数派になることに慣れていますか??』です。

 

 

タイトルの質問に対して、皆さんの『回答』はいかがでしょう。

 

 

あなたは、【少数派】になることに慣れていますか??

 

 

世界的に見ても、

 

 

日本人ほど、周囲に『迎合』してしまう民族はいないと感じます。

 

 

某インタビューで、

 

 

女優として、長年に渡って、第一線で活躍される夏木マリさんは、

活動の活路を海外に求めた理由についても、それを挙げています。

 

 

つまり、

 

 

日本人は、『自分自身』が作品の良さを感じ取れない場合でも、

『周囲の人たち』が認めている雰囲気なら、合わせてしまうと。

 

 

これは、

 

 

演者にとって、『良いこと』にも受け取られるように感じますが、

この『主体性の無さ』が、演者の自己評価も測り難くするのだと。

 

 

仮に『海外』であれば、

 

 

カップルで観劇していても、彼女が機嫌を損ねて帰った舞台でも、

相方は最後まで鑑賞して『ブラボー!』と拍手喝采したりすると。

 

 

端的に表されていて、面白いですよね。

 

 

日本においては、なかなか有り得ない状況です(笑)

 

 

元々、

 

 

『島国』や『村社会』で生きてきた民族性があるかも知れませんが、

日本人ほど『異端』になることを嫌う国民も存在しないと思います。

 

 

そもそも、

 

 

本来は、誰一人として『同じ存在』はいないはずなので、

『異端』という言葉すらも、意味を持たないはずですが。

 

 

それでも、

 

 

有史以来、2021年を迎えた『今現在』においても、

日本国内で『他人と同じ』が善しとされる風潮がある。

 

 

恐らく、これからも『変化』はしないでしょうね。

 

 

しかし、

 

 

もしも、あなたが、『大成功』とか大それた目標実現でなくても、

より良く生きるのであれば、『少数派』に慣れる必要があります。

 

 

何故なら、

 

 

残念ながら、日本国内、世の中全体を見渡したときに、

より良く生きている人たちが、『少数派』だからです。

 

 

少しだけ考えてみれば、凡ゆる物事に通じますよね。

 

 

小学校から10年以上に渡る『教育』という分野でも、

最高学府『東京大学』『京都大学』に入学できるのは、

正しい解答を導き出すため鍛錬した『少数派』の方々。

 

 

また、

 

 

私は、学生時代『野球』というスポーツに明け暮れましたが、

甲子園大会に出場できるのも、実力を高めた『少数派』です。

 

 

そして、

 

 

社会人になってからの成績評価の1つが『経済的基盤』ですが、

『経済的自由』を達成している人物も、間違いなく『少数派』。

 

 

日本人は、

 

 

極力『少数派』に分類されぬよう、執拗に心掛けていますが、

皮肉なことに、その思考回路が『正しい解答』を遠避けます。

 

 

一般的に、

 

 

『多数派』の行動・思考回路は、正解でない場面も多々有りますが、

何よりも先ず『少数派にならないこと』に重きを置いているのです。

 

 

例えば、

 

 

私自身を振り返った時、独立・起業している立場もそうだし、

『不労所得』を獲得している状況も、確実に『少数派』です。

 

 

皆さんの周りで、『不労所得』を獲得している人はいますか??

 

 

どんなに小額でも構いませんが、殆ど存在してないと想像します。

 

 

また、

 

 

自分以外の誰か(他人)に『主導権』を譲渡することなく、

自ら決断・決定できる人生を歩んでいる人はいますか??

 

 

悲しい哉、この質問にも『NO』と回答する方々が大半です。

 

 

それでも、

 

 

『自由が良いですか??不自由が良いですか??』という質問は、

多くの方々が、『自由な人生を生きたいです!』と回答しますね。

 

 

更に、

 

 

『経済的自由を実現したいですか??』という質問に対しては、

誰しも、『はい、FIREを達成したいです!!』と回答するはず。

 

 

間違っても、『一生、貧困を望みます!』という人はいない(笑)

 

 

にも関わらず、

 

 

実現したい目標(結果)は、『少数派』を求めているのに、

普段の行動(原因)は、『少数派』になることを恐れます。

 

 

少しずつ、この『違和感』が伝わってきたでしょうか??

 

 

断っておくと、

 

 

私自身、自らの『価値観』を押し付ける気はさらさら無く、

普段から、『他人』を変えようとする気持ちは有りません。

 

 

だから、

 

 

『主導権も手放して良いし、経済的自立も求めない』という、

『奴隷根性』丸出しで生きる会社員の方々も、否定しません。

 

 

彼らには彼らの、彼女らには彼女らの、生き方が有ります。

 

 

しかし、

 

 

もしも、あなたが『少数派』に分類される目標の実現を願うならば、

思考回路・行動において『少数派』になることを恐れてはいけない。

 

 

むしろ、それを恐れていては、『絶対に』実現不可能ということです。

 

 

最後に、もう一度だけ質問します。

 

 

あなたは、【少数派】になることに慣れていますか??

 

 

『真理』に繋がる大切な質問なので、真剣に考えてみてください。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile