子供はたまったもんじゃない(笑)

『不動産』についてもう1つ★

多くの方が『居住用不動産』を買ったとき、

まったく考えられていない『盲点』があります。

それは、『出口戦略』。

つまり、最終的にそれをどう処分するか??

この概念がまったく無いです(^_^)

親であるあなたが何も考えることなく、

最終的に『相続』でもされたら、

子供はたまったもんじゃありません(笑)

『相続税』

今年、平成27年元日より、

『税率』は上がり、『控除額』は下がりました。

今まで4%だった対象者も、

今回の改正で7%まで上がり、今後も増加する見込みです。

『相続税』

皆さんわかってるようで、

根本的なこともまったく理解されてません(笑)

知ってますか??

『相続税』は、相続発生時点における、

親の資産トータルから控除額を引いた課税対象に、

相続税率を掛けて支払う制度です。

大切なポイントは、

『期日内に!』『キャッシュで!』支払うことです。

これ、どんだけ無茶苦茶なことか実感できますか??

例えば、残された資産の大部分が『不動産』やったらどうなるか??

実際は二束三文のものも課税対象に含められて、

その相続税支払うために『キャッシュ』用意せなあかんのんです。

それも、原則的には待ってくれません。

超迷惑な話ですよね(笑)

日本の家なんて、30年も経ってたら、

ほとんど価値ありません。

あなたが30歳そこそこで購入したら、

60歳になる頃には買い手なんかいません。

そんな遠くの話じゃないですよね。

なのに、相続時にはそれらは『課税対象』。

売るに売れないし、売っても二束三文。

それでも『相続税』払えん計算やから、結果的に相続放棄。

ありがちなシナリオです。

『マイホーム』という言葉には、魔物が住みます★

決して一時の高揚感に惑わされることなく、

冷静な判断で事を進められるよう願っています(^_^)★

278

11 件のコメント