アヒルの兄弟の話★

アヒルの3兄弟は、ガンで父親を亡くしました。

ガン治療、闘病生活には多くの『お金』もかかった。

だから、誰もが安心して暮らせる、

『仕組み』を作ろうと考えました。

なったら、大変。

でも、全員がなるわけではない。

多くの人から『お金』を集めて、

なった人には『お金』を支払う仕組み。

これ自体は、素晴らしいものです。

しばらくすると、

『自分も加えて欲しい!』という人達が増え出しました。

みんな、『リスク』には敏感なのです。

多くの人の『情報』や『お金』を扱うため、

アヒルは専任でこの仕事をするようになりました。

そして、少しずつ自分達の生活費も上乗せして集めた。

『専任』で『仕事』としてやる以上、

これも僕は、正しい行為だと思います。

『霞』を食べては、生きていけない。

問題は、ここからです。

ある時、3兄弟はいくつかのことに気付きました。

①少しずつ多めに集めても、加入者は気にしてない。

長期間『お金』を預けてくれても、

ちょっとの上乗せ、酷い場合は元本割れでも、

みんなは何も言わずに預けてくれます。

アヒルの周りの人達は、

とても『勤勉』で良く働く人達でした。

しかし、『お金』に疎く、とても聞き分けが良かったのです。

アヒルは、『自分達の取り分を増やそう』と考え始めました。

②一定期間、『動かない』お金がある。

例えば、30歳で健康な人が、

50歳までに死ぬ確率がとても低いことにも気付きます。

それにも関わらず、

多くの人達がこの『リスク』に対して、

多額の『お金』を支払います。

アヒルは、この『一定期間動かないお金』を、

少しずつ『投資』で運用することにしました。

儲けが出たら、自分のポケットへ。

損失が出ても、誰も気付きはしません。

もともと自分の『お金』ではないので、

懐も痛むことはありません。

『儲け』が出たら、自分のメリット。

『損失』が出ても、自分には関係ない。

『ボロ儲け』商売の出来上がりです。

③人は、『リスク』に簡単に踊らされる。

より多くの人達に知らせるために、

アヒル達はテレビCMを流すことにしました。

受ける確率が100万分の1以下の治療法を紹介し、

それを受けるのに高額な治療費がかかりますよ!と。

こんな『子供騙し』のような手法を使っても、

この国の人々は簡単に騙されるほど『お人好し』でした。

皆、小学校で『確率計算』は習っています。

しかし、皆はそれが、

『サイコロの目が出る確率の計算法』だと思っていたのです。

ここまで来たら何でもアリです。

『ケガ』『事故』『入院』『通院』etc.

起こる確率の極めて低い、あらゆる物事に対して、

皆がどんどん『お金』を預けてくるのです。

世界に200近い国と地域がある中で、

過剰に『リスク』を恐れる国民を見つけたのです。

アヒル達はどんどん儲かりました。

人々は、何もわからずに加入しています。

それが、自分にメリットがあるのか、

それともデメリットなのか計算さえしません、、、、

皆さん、もうわかりましたね??

これが、『保険』です。

そろそろ、真剣に勉強しませんか(^_^)??

*『アヒル』は特定の団体を指すものではありません。

*今日のストーリーをどのように解釈しようと、

個人の責任です。僕は責任は負いません。

313

6 件のコメント