あなたは、株式市場の【下落】を喜ぶことが出来ますか??

今日のテーマは、『あなたは、株式市場の【下落】を喜ぶことが出来ますか??』です。

 

 

久しぶりに、株式市場が『劣勢』に立たされていますね。

 

 

日本時間昨夜(2月25日)、米国市場『NYダウ平均株価』は、

前日比として『500ドル超安』を記録して取引を終えています。

 

 

その結果を受けて、

 

 

本日の日本市場も大幅に下落してスタートし、『日経平均株価』は、

前日比『1202.26円』安、約5年ぶりの下落幅を記録します。

 

 

恐らく、

 

 

この後に開く、本日(2月26日)の米国市場も同傾向がつづき、

久しぶりに、『一週間』を通した期間でも下落して終えそうです。

 

 

今回、

 

 

株式市場が『下落』した要因となったのは、債権市場が回復し、

各国『長期債権』の利回りが、急上昇している局面にあるから。

 

 

実際、

 

 

米国のそれ(10年もの新発国債利回り)は『年率1.60%』まで回復し、

歴史的低水準だった『1%未満』から、今月に入り急激な上昇を見せます。

 

 

また、

 

 

米国債と比較すると、かなりショボく見えてしまいますが、

現在、日本のそれは『年率0.160%』付近を推移します。

 

 

欧州同様、

 

 

マイナス金利導入から、長期債権利回りも『マイナス化』し、

先日まで『ほぼ0%』だったことを考えると、これも急上昇。

 

 

悲しい哉、『1桁』違いますが、動向はまったく同水準です。

 

 

より掘り下げると、

 

 

このタイミングで『長期債権利回り』が上昇している要因は、

『新型ウイルス』問題に、世界的な解決の兆しが見えたこと。

 

 

日本においても、

 

 

先週『ワクチン接種』がスタートしましたが、集団免疫含めて、

世界的な『経済循環』回復に向けた見方は『ポジティブ』です。

 

 

その結果、

 

 

これまで、抑制された『利回り』の上昇が期待されるようになり、

辛酸を舐めた『債権市場』に、資金の流入速度が増している状況。

 

 

もちろん、

 

 

その原資は、世界諸国が行う『異次元緩和マネー』が流入し、

これまで一人勝ちしてきた『株式市場』からの撤退資金です。

 

 

また、

 

 

『長期債権利回り』の上昇は、さまざまな観点から、

ボディブローが如く『株式市場』に影響を与えます。

 

 

何故なら、

 

 

市場全体の『金利上昇』は、企業の経営環境に影響を及ぼし、

多くの場合は、『収益性の悪化』に繋がるケースが主だから。

 

 

実際、

 

 

世界共通に、企業は市場から資金調達して経営を進めるので、

『利回り』が上昇すれば、資金調達コストも必然上昇します。

 

 

仮に、

 

 

『売上額』が同じであれば、コスト上昇は『収益減』を意味し、

企業業績の悪化(低下?)により、株価は『下落』に転じます。

 

 

増して、

 

 

直近では『債権市場』が活況を呈してきていますから、米国債の場合、

無リスクで『年率1.60%』が得られるなら、資金はそちらに流れる。

 

 

市場では、

 

 

米国・長期債権利回りが、2021年末を待たずして、

『年率2%』を回復するという見方も強まりを見せる。

 

 

そうなると、

 

 

いよいよ、資金の『潮流変化』も加速することになり、

株式市場は、一旦調整を余儀なくされるかも知れない。

 

 

高揚感が蔓延していた『パーティー』も、一時休止ですね。

 

 

しかし、

 

 

皆さんにお聞きしたいのは、この状況(株式市場下落)を、

『心から、歓迎することができますか??』という事です。

 

 

不謹慎かも知れませんが、私自身、喜ばしく感じています。

 

 

もし仮に、

 

 

私が人生の晩年にさしかかり、『保有資産』を確定させて、

取り崩し的に使っている状況なら、そうは考えられません。

 

 

しかし、

 

 

現時点、まだ30代半ば、積極的に積み上げる局面において、

株式市場の『下落』は、願ってもいない『好機』と言えます。

 

 

そもそも、

 

 

半年以上の記事を読み返していただけたら分かることですが、

私自身、市場の低迷を『2021年末』まで望んでいました。

 

 

10年以上前、

 

 

サブプライム・ショック発生時の相場から学んだことですが、

経済危機が起こり、下落幅が大きいほど、反動も大きくなる。

 

 

そして、

 

 

軍資金を投入するのは、市場が低迷している時ほど好都合で、

『仕込み』の時期は、年間単位確保できるなら、尚良しです。

 

 

しかし、

 

 

その願望虚しく、昨年の『株式市場』は急回復を見せて、

『実体経済』と乖離した、上昇相場を形成していました。

 

 

確かに、

 

 

そのまま『実体経済』が回復しても、一段上昇は期待できますが、

どこか、『チャンス』を拾い切れなかった『切なさ』が残ります。

 

 

例えるなら、

 

 

野球の攻撃で、『無死満塁』の絶好機を迎えていたのに、

『1点』を取って、イニングが終わってしまったような。

 

 

『もうちょっと得点出来たよな』と、欠乏感しか残りません。

 

 

ただ、

 

 

ここに来て、『株式市場』の下落要因が出てきたことにより、

幸運な事に、再び『仕込み』するタイミングが再来しました。

 

 

一時的な『相場下落』は、むしろ『ウェルカム』です。

 

 

あなたは、株式市場の【下落】を喜ぶことが出来ますか??

 

 

それが、心から喜べるようになって初めて、

あなたの『投資家人生』がスタートします。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile