あなたは、【熱狂】の最中で【冷静さ】を保つことが出来ますか??

今日のテーマは、『あなたは、【熱狂】の最中で【冷静さ】を保つことが出来ますか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『あなたは、【当たり前のこと】を積み上げることが出来ますか??』と題して、

『経済的自由』を達成する為の、シンプル・4ステップについてご紹介しました。

 

 

少しだけ、振り返りましょう。

 

 

———————————–

ステップ①:『収入』を把握する。

 

ステップ②:『支出』をコントロールする。

 

ステップ③:上記2ステップを繰り返し、『元手』をつくる。

 

ステップ④:その『元手』を、長期視点で運用する。

———————————–

 

 

断っておくと、

 

 

上記4ステップは、私が考案・発信してたものですが、

ご覧頂いたら分かる通り、特別なものではありません。

 

 

むしろ、

 

 

このことが『大切だ』ということは、周知の事実であり、

それは、私が生まれるずっと以前から『自明』の事です。

 

 

にも関わらず、

 

 

不思議なことに、『2021年』を迎える現代においても、

『経済的基盤』を築かれる方々は、圧倒的『少数派』です。

 

 

冷静に考えたら、おかしいですよね??

 

 

簡単に言えば、『お金持ちになる為のマニュアル』は、

半世紀どころか100年以上前から存在しているのに、

マニュアルを活用できている人間は『1%未満』だと。

 

 

その実現に、

 

 

『特殊能力』や、生起確率の低い『ミラクル』の存在が、

全く必要ないことは、昨日の記事中でも述べた通りです。

 

 

稀に、

 

 

勘違いをしてしまっている方々もいますが、『資産形成』は、

巷に存在している『ギャンブル』と異なり、一線を画します。

 

 

なので、

 

 

料理の『レシピ』がそうであるように、手順通り物事を進めれば、

自らが意図している『ゴール:目標』を達成できるものなのです。

 

つまり、

 

 

『ホットケーキ』のレシピが、100年前から公開されているのに、

それを上手に作れる人間が、『1%未満』しか存在しない事と同義。

 

 

シンプルな話なので、ご理解頂けますよね。

 

 

では何故、

 

 

『ゴール:経済的自由』を達成する人間が少数派かと言うと、

『マニュアル(レシピ)』を遵守する人間が、少数派だから。

 

 

前述の通り、

 

 

シンプル過ぎる『4ステップ』なので、誰でも出来そうですが、

それが故、大多数が『基本』を疎かにして『我流』に走ります。

 

 

その結果、

 

 

世の中ほぼ100%に近い割合の方々が、経済的基盤を築けず、

60歳を過ぎても、経済的理由によってリタイアが出来ません。

 

 

もし仮に、

 

 

年齢に応じた『リタイア』を実現しても、経済的余裕はなく、

慎ましやかな『老後生活』を送る選択肢しか、残されません。

 

 

何かが、おかしいですよね。

 

 

そうならない為の秘訣が、本日、採用したタイトルです。

 

 

あなたは、【熱狂】の最中で【冷静さ】を保つことが出来ますか??

 

 

どうでしょうか??

 

 

情熱的で、熱狂した『パーティー』の最中においても、

周囲の方々に流されず『冷静』でいられるでしょうか??

 

 

その『冷静力』が、今、まさに試されています。

 

 

2021年始から、何度か取り上げた『暗号資産』ですが、

市場全体として、再び『熱狂ムード』が高まって来ました。

 

 

現在、

 

 

世界には『約6000』もの暗号資産(仮想通貨)が存在しますが、

時価総額は『1兆2300億ドル(約130兆円)』に達しており、

市場全体としての『過去最高値』を突破するイベントが有りました。

 

 

代表通貨、

 

 

ビット・コインの取引価格は『4万7000ドル超』を記録しており、

遂に、『5万ドル』の大台突破も、一気に射程圏に入って来ています。

 

 

価格上昇の理由は、

 

 

諸々あると思いますが、最も注目を集めているトピックとしては、

ステラ・モータースCEOである、イーロン・マスク氏の支持発言。

 

 

実際、

 

 

ステラ社は、総額15億ドル(約1580億円)の購入を公表して、

同社の電気自動車購入時、『決済手段』としても採用するようです。

 

 

この報道を受けて、

 

 

直接関係ない『イーサリアム』も価格上昇し、過去最高値を突破。

昨年末の取引停止トラブルから、取り巻く環境が急変しています。

 

 

極め付けは、

 

 

『ジョーク通貨』として、2013年に誕生した『ドージ・コイン』で、

同通貨も、マスク氏が発した『ジョーク』で過去最高値を更新する始末。

 

 

2017年、

 

 

第一次と呼べる『暗号資産(仮想通貨)バブル』が訪れた年ですが、

『ブロック・チェーン』が入る企業の株価が、急騰したと言います。

 

 

展開するビジネスが、『暗号資産(仮想通貨)』とは、

まったく以って、関係していないにも関わらず、です。

 

 

どれだけ、市場全体の『熱狂』が加熱していたか、

端的に表す、とても分かりやすい事例と思います。

 

 

今の状況も、『それと全く同じ』ではないですが、

『それに近いものがある』とは言えると思います。

 

 

確かに、

 

 

2020年後半から続く、仮想通貨の『バブル相場』で、

新たに『億り人成り』した方々が存在することも、事実。

 

 

しかし、

 

 

その手法・思考回路で『資産形成』を考えるという事は、

『宝くじを当てて、億万長者に!!』という思考方法と、

同じ類のように見えてしまうのです。

 

 

事実、

 

 

そのように『一攫千金』狙いの方々が、大半を占めるが故、

古今東西、『経済的自由』を獲得する人間は、常に少数派。

 

 

そして、

 

 

どんなに、私と同様の考え方の方々が、警鐘を鳴らそうとも、

悲しい哉、その逆転は、今後の時代についても起こりません。

 

 

ただ、

 

 

自分自身に近しい間柄の方々や、公式ブログ読者の方々には、

資産形成の『真理』をご理解頂きたいという思いもあります。

 

 

あなたは、【熱狂】の最中で【冷静さ】を保つことが出来ますか??

 

 

このメッセージが、響く方々には、響いて頂けたら幸いです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■2/24(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*『緊急事態宣言』延長の際は、オンライン切換の可能性があります。

 

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■2/24(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*『緊急事態宣言』延長の際は、オンライン切換の可能性があります。

 

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile