何度でも、『トライ』しよう★

今日のテーマは、『何度でも、トライしよう』です(^_^)★

 

 

今日の朝、久しぶりにテレビをじっくり見ていました。

 

 

そうしたら、すごい番組をしてました★

 

 

*この記事は2015年5月掲載したものを、

 2017年4月加筆・修正、再掲載したものです。

 

 

フットサル日本代表監督のミゲル氏が、

少年フットサルチームを指導するというドキュメント番組です。

 

 

多分、見られた方もいらっしゃるんじゃないかな(^_^)??

 

 

ミゲル氏の指導方法というのは、

子供達の『良いところ』を見つけて、褒める。

 

 

それを、続ける。

 

 

ミスジャッジ・プレーミスをしても、

叱らず、練習を止めて、説明して、考えさせる。

 

 

だから、子供達も安心してトライできる。

 

 

ドリブルが苦手だった子供も、

『うまい!うまい!』と褒められ、『次世代のネイマールだ!』と言われる。

 

 

次の瞬間から、その子の動きが明らかに変わる。

 

 

ミゲル氏は、

自身が『叱らない指導法』に至ったきっかけを次のように話していました。

 

 

まだ、ミゲル氏が現役時代だったあるサッカーの試合、

試合でシュートした選手に、大人は『パスだろ!』と言った。

 

 

次に、

 

 

同じ選手がパスをした場面では、

大人たちは『その場面は、シュートだろ!』と言い放った。

 

 

結果、

 

 

この選手は積極的にプレーすることがなくなった。

 

 

私達は、小さい頃から、

何度もこんな経験をしてきたのではないでしょうか??

 

 

残念ながら、

 

 

今の『大人』と言われる人は、

世の中99%以上が『ドリームキラー』です。

 

 

子供の『夢』を、『可能性』を狭めるのは、

紛れもなく身近な『大人』たちになっています。

 

 

でも、

 

 

それを大人になってまで引きずるのは残念なこと。

 

 

このへんで、その『トラウマ』をぶち破りましょう★

 

 

私たちが、どんな判断・行動をしても、

ご丁寧に批判してくれる人達は必ず居ます。

 

 

でも、

 

 

その人達の意見を聞いてても本当に無意味です。

 

 

私達はもう子供じゃないし、

 

 

同年代の批判に打ち勝つ『強い意思』も、

歳上のオッサン達を無視する『図太さ』も持ち合わせています。

 

 

だから、

 

 

もちろん子供にも『トライ』出来る環境を整えてやりたいし、

自分自身も何度でも『トライ』していきましょう!

 

 

大丈夫です!

皆さん、自身が思っているより、『強い』人たちばかりです(^_^)★

 

 

『あの頃、俺は凄かった!』と、武勇伝を語る大人を、

私たちは子供の頃、『ダサっ!』と思って見てませんでしたか??

 

 

私は、そう思って見てました。

 

 

検証不可能な『昔の俺』基準ではなくて、

『今の俺』で勝負してくれよ、と。

 

 

同じ感情を抱いていた人、多いんじゃないかな??

 

 

皆さん、いつの間にかそうなってませんか(^_^)??

 

 

何とでも言える『言葉』ではなく、

実際に、『行動』で子供たちに魅せていこう(^O^)!

 

 

まずは、あなた自身が、

何度でも『トライ』し続ける姿を見せることです。

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

17 件のコメント