果たして、これは【資産形成:投資】と呼べるのだろうか??

今日のテーマは、『果たして、これは資産形成:投資と呼べるのだろうか??』です。

 

 

恐らく、資金投入されている方々は気付かれています。

 

 

直近1ヶ月、暗号資産(仮想通貨)市場の値動きが荒い。

 

 

日本時間4月12日、

 

 

代表通貨『ビットコイン』は過去最高値(6万ドル超)を付けますが、

諸々の『ネガティブ要因』により、一時3万ドル付近まで急減します。

 

 

実に、『50%』もの価値が吹き飛んだことになりますね。

 

 

その後、

 

 

取引価格は、幾分回復を見せており、本日(5月24日)付で、

4万ドル付近を推移しますが、最高値から考えて40%減です。

 

 

少しだけ、ことの経緯を振り返りましょう。

 

 

そもそも2021年初、

 

 

総額として『1兆ドル』未達だった暗号資産(仮想通貨)市場は、

『5ヶ月間』という僅かな期間で、『2.5倍超』にも膨張します。

 

 

実際、

 

 

昨年(2020年)末、前述の代表通貨ビットコイン取引価格は、

『史上初の3万ドル突破なるか!』のレベルで話題になりました。

 

 

その後、

 

 

テスラ・モータースのカリスマ経営者イーロン・マスク氏が、

同社の自動車購入の正式決済手段として、同通貨採用を発表。

 

 

これを受けて、

 

 

米国・金融街の投資系銀行も『ポジティブ派』に寝返りを見せ、

暗号資産(仮想通貨)市場には、一気に『追い風』が吹きます。

 

 

また、

 

 

同通貨が、採掘『半減期』の翌年は上昇するとのジンクスも、

取引価格の高騰を正当化して、上昇圧力に拍車が掛かります。

 

 

2017年、

 

 

市場参加者は、十分な『痛み』を経験したと思うのですが、

私たちは、自ら信じるほど『学習能力』が無いのでしょう。

 

 

若しくは、

 

 

4年前とは、完全に『市場参加者』が入れ替わっているか、

投資の世界で、最も危険な『4つの言葉』を唱えるかです。

 

 

最も危険な『4つの言葉』、覚えていますか??

 

 

私の記憶が確かなら、1ヶ月以内にご紹介しました。

 

 

【This time is different:今回だけは、違う】

 

 

恐らく、

 

 

投資・金融に関わる方々であれば、理解されるでしょうが、

この『4つの言葉』を唱え始めたら、その人物は末期です。

 

 

話を戻します。

 

 

代表通貨『ビットコイン』の取引価格上昇と連動する形で、

膨張し続けてきた暗号資産市場に、陰りが見えたのは今月。

 

 

皮肉にも、

 

 

今回の『バブル』を形成するきっかけとなったテスラ社が、

決済手段としての取引停止を、突如として、発表しました。

 

 

イーロンマスクCEOは、その理由を、

 

 

『採掘に必要な電力消費が、環境問題に関わる為』と述べますが、

既に、市場参加者はそれを「ポジション・トーク』と見抜きます。

 

 

その後、

 

 

『テスラ社として、保有分の売却は行わない』事を公表しますが、

一度、市場全体に広がった動揺は、簡単には解決出来ていません。

 

 

イーロン・マスク氏自身、

 

 

個人資産としての保有分も『売却しない』意向を示していますが、

その発言に対しても、市場参加者は冷静で、冷ややかに感じます。

 

 

また、

 

 

中国の金融当局が、暗号資産(仮想通貨)取引について、

規制強化の動きを示したことも、痛手になりましたよね。

 

 

先週5月18日、

 

 

中国の3金融・銀行監督機関は、自社の顧客に対して、

暗号資産全般に関わるサービスを提供しないよう指示。

 

 

直近、

 

 

荒い値動きを続ける市場に対して、明らかに危機感を強めており、

『人民財産の安全に有害で、経済・金融秩序を乱す』と述べます。

 

 

その後、

 

 

金融当局も、採掘(マイニング)を含めた全取引を取り締り、

中国国内での流通が、大きく制限されることが判明しました。

 

 

余談ですが、

 

 

環境変化の激しい、暗号資産(仮想通貨)市場においては、

今月取引開始された『インターネットコンピューター』が、

時価総額500億ドルを突破し、突如、全体8位へと台頭。

 

 

*因みに、現時点、『2100超』の暗号資産が存在します。

 

 

*既存法定通過が『約200』ですから、数として約10倍、

 パラメータ(変数)の増大は、そのまま混迷へと続きます。

 

 

また、

 

 

マスク氏の発言で注目を集めた『シバイヌ』も、値動きが荒く、

同資産を寄付された慈善団体も、現金化できず困惑する事態に。

 

 

評価額として、

 

 

刹那的に『15億ドル』を記録していても、換金できなければ、

果たして、本当に、その価値があるのか疑わしいですよね(笑)

 

 

更に、

 

 

暗号資産(仮想通貨)市場にネガティブな意見が広がっており、

『インフレヘッジ』の可能性でも、懐疑的な見方が広がります。

 

 

古来から、

 

 

代表例では『金:gold』がそのポジションを担って来ましたが、

この伝統資産でさえ、完全には、その役割を果たせていません。

 

 

まして、

 

 

前述の通り、えげつないボラティリティ(変動幅)の暗号資産を、

『インフレヘッジ資産』と見做す方が、常軌を逸していますよね。

 

 

私自身、

 

 

『現時点では』という枕詞を付けさせて頂きますが、

暗号資産(仮想通貨)は『ギャンブル』と考えます。

 

 

半年程前、

 

 

上記のことを理解した上で、某楽天ポイントを、

価格連動取引させようか試みたことがあります。

 

 

が、

 

 

法定通貨でいう所の、TTS・TTBの手数料率の高さを目にして、

一気にバカバカしくなり、一瞬で『やめる』決断を下しました。

 

 

仮に、

 

 

『遊び』であることが、完全に分かっていたとしても、

どうやら『ギャンブル』は性に合っていないようです。

 

 

果たして、暗号資産は【資産形成:投資】と呼べるのか??

 

 

この質問に対する、リアクション・判断の如何により、

あなたが『経済的基盤』を築ける人物かが分かります。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile