暗号資産(仮想通貨)市場の【美人コンテスト】は、どこまで続くのか??

今日のテーマは、『暗号資産(仮想通貨)市場の美人コンテストは、いつまで続くのか??』です。

 

 

年明け、暗号資産(仮想通貨)市場の値動きが荒いです。

 

 

代表通貨ビットコインは、一時的に4万ドルの大台割れ。

 

 

昨年(2021年)半ばに付けた過去最高値と比較して、

『約40%』もの、大幅下落を記録したことになります。

 

 

この辺り、

 

 

実体経済における覇権国『米国』と同じ位置付けのため、

同通貨が下落すれば、他の暗号資産も同様に下落します。

 

 

因みに、

 

 

先ほど、過去最高値から40%下落とお伝えしましたが、

新型コロナ・ショックにおける、株式市場と同等の水準。

 

 

この時(2020年2月)は、

 

 

世界中の金融市場もパニックに陥り、株式指数は乱高下、

各国政府・中央銀行は異次元緩和へと追いやられました。

 

 

それと同等の揺れが、日常として繰り広げられています。

 

 

昨年末、

 

 

2022年の暗号資産(仮想通貨)市場は楽観が先行し、

ビットコイン価格は『10万米ドル』を突破する予想も。

 

 

しかし、

 

 

直近の不安定な値動きを受けて、10万ドル突破予測を、

今尚、支持している方々は『5%』ほどに減少しました。

 

 

大多数は、

 

 

年内は『6万米ドル』前後で取引されると予想しており、

これにも、保有者を中心とした希望的観測が含まれます。

 

 

因みに、

 

 

値幅の予測下限値は『1万ドル未満』との見方もあって、

その価格は、当たるも八卦当たらぬも八卦の当て物領域。

 

 

某携帯会社のCMで話題の『Chaos(カオス)』ですね。

 

 

もちろん、

 

 

取引価格のボラティリティ(変動幅)も気掛かりですが、

それ以上に、直近の『値動き』自体も、疑問視されます。

 

 

一時期、

 

 

『デジタル・ゴールド』の期待感も高まっていましたが、

最近では、もっぱら『リスク資産』筆頭として位置付け。

 

 

実体経済に動揺が走った際、

 

 

期待された『避難所』としての役割はほぼ無いに等しく、

むしろ、最も早く資金流出が起こる市場がこの分野です。

 

 

もはや、

 

 

機関投資家も、個人レベルでも、経済的な余力があって、

精神的余裕がある際に行う『賭博場』の様相を呈します。

 

 

『デジタル・ゴールド』とは、対極のポジションですね。

 

 

前述した、市場参加者(投資家)予想が示している通り、

その評価額は1万ドル未満から10万ドル超と幅を持つ。

 

 

株式市場は、よく『美人コンテスト』に例えられますが、

現在の暗号資産(仮想通貨)市場も、完全に当て嵌まる。

 

 

市場参加者の予測(1万ドル未満〜10万ドル超)通り、

現時点、そのもの自体に『価値』があるかは懐疑的です。

 

 

それでも、全く『価値ゼロ』というつもりは無いですが。

 

 

暗号資産(仮想通貨)が注目を浴びる存在になった元年、

2017年の値動きは、歴史的出来事と重ねられました。

 

 

17世紀半ば、欧州発の『チューリップ・バブル』です。

 

 

21世紀に起こる、暗号資産(仮想通貨)市場のそれも、

『チューリップ・バブル』の再来となるでしょうか??

 

 

その結末は『神のみぞ知る』という領域に突入しました。

 

 

1つだけ、私自身アドバイス出来ることがあるとすれば、

『タラレバ話』に乗る方々は、資産形成に成功しません。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile