『理屈』と『実際』は違う★

今日のテーマは『理屈と実際は違う』です★

昨日のblogでは、『時代は繰り返す』、

『お金にはサイクルがある』という話をしました。

そして、少しだけ『経済危機』についても触れた。

ここで、次のようなことを聞かれます。

『ほんまに日本に金融危機ってあるんですか??』

これに対しての僕の答えは、

『正直、わからない。』

です。

なぜならば、『理屈と実際は違う』からです。

どっかの名探偵も言うてましたが、『真実は常に1つ』。

僕もこれに異論はありません。

しかし、理屈通りには動かないのが世の中です。

例えば、日本の経済状態について列挙すると、

・年間500兆円超の価値を生み出す経済大国。

・世界一の債権大国。つまり、世界一『お金』貸してます。

・一般会計累積赤字も、本気で解消させるなら埋蔵金で対応可。

・経常収支の黒字積み上げで見たら、バブル期よりも『お金』持ってる。

などなど。

『理屈』の観点から言うと、

僕は『日本の破綻』とかはあり得ないと思ってます。

しかし、『実際』はどうか??

・日本の債権の多くを占める、米国債は実質償還不可能。

→日本が得た『お金』で、どんどん買わされてます。

つまり、『貸した金』やけど返ってこない。

・一般会計累積赤字と国内金融資産額が同等になったところで、

国債デフォルトorハイパーインフレは口実的にはちょうど良い。

→国民への借金を『チャラ』にするタイミングとしてはもってこいです。

現在、日本の一般会計累積赤字は1000兆円超。

これは、更なる赤字の積み上げて年間40兆円ペースで増加してます。

また、国内個人金融資産総額は1500兆円程度。

こちらは逆に、引出しなどで年間40兆円ペースで減少してます。

いつか、これが均衡する時が来る。

ほんまは、特別会計の『埋蔵金』も使って対応できるのですが、

政府としてはいつか『チャラ』にしたかったので、絶好の機会です。

また、『日本国債』はほとんど国内保有なので、

ユーロ危機の時とは違って、日本の中だけで問題解決できます。

外国の金融機関も、日本国債なんて持ってないので、

デフォルトしようが『どうぞご自由に』てな感じです。

以上です!

『理屈』で言ったら日本はデフォルトしない。

でも、いろんな人の思惑が絡み合ってるので、

『実際』がどうなるのかは、正直誰にもわからない。

『金融危機』が無いなら無いで、

もちろんそれは良いことです(^_^)

でも、もし起こったときのために、

彼らに主導権をぶん投げるんじゃなくて、

個人レベルで用意をしても良いのではないでしょうか(^O^)!

262

11 件のコメント