あなたは、本当に【資産形成】を実行していますか??

今日のテーマは、『あなたは、本当に【資産形成】を実行していますか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『あなたが、経済的自由を実現するために大切なこと』と題して、

巷で話題の『FIRE』実現する上で、ポイントをご紹介しました。

 

 

さらっとだけ、振り返りをしておきましょうか。

 

 

昨日ご紹介したのは、大きく2つのポイントです。

 

 

①『税金』というテーマを無視してはいけない。

 

 

実際、

 

 

世界的に『お金持ち』と表現されるレベルにいる方々で、

このポイント(税金)を無視している人は存在しません。

 

 

いや、

 

 

『世界的富裕層』というレベルになくとも、一般的な経営者で、

日々、『税金』の概念なくビジネスしている人々も存在しない。

 

 

もちろん、

 

 

自ら納付しているという点も、大きな理由と考えますが、

私たち『事業家』層が、常に意識しているのが税金です。

 

 

これは、資産形成(投資)の分野でも変わりません。

 

 

しかし、

 

 

『会社員』という立場の方々は、源泉徴収システムがあり、

常日頃から『税金』を意識する場面がほとんど有りません。

 

 

その結果、

 

 

資産運用(投資)という場面でも、その認識が疎くなり、

指摘されるまで、全く気付いていないことすらあります。

 

 

私が、敢えて、ここで改めて言うことでもないほどに、

『常識』レベルであることをご認識頂けたら幸いです。

 

 

②『海外投資』という選択肢を、自分の中に持っておく。

 

 

それが、熱烈な『祖国愛』から来るものか分かりませんが、

日本人ほど、『内向的』な民族性も珍しいと感じています。

 

 

『島国』特有の、地理的要因もあるのでしょうね。

 

 

江戸幕末、

 

 

黒船来航により『鎖国』を解除したと教わりましたが、

精神的『鎖国状態』は、2021年現在もつづきます。

 

 

実際、

 

 

総人口『約1億2000万人』のうち、ほぼ100%が、

自らの資産を『日本円建・国内保有』している状況です。

 

 

これは、世界的に見ても、極めて『異例』です。

 

 

『基軸通貨特権』を保有して、株式市場の『覇権国』でもある、

米国においても、ここまで極端な結果にならないと想像します。

 

 

個人レベルで考えるなら、

 

 

自らが『労働収入』を得ている企業の株式を買い込み、

自らの『保有資産』すべて『自社株』として保有する。

 

 

これと全く同じ行動を、日本国民は『国家単位』で実行しています。

 

 

上記事例では、所属する『会社』が破綻した瞬間に、

該当者は『労働収入』『保有資産』両方を失います。

 

 

どれだけ『リスク』を孕む行動か、理解して頂けたでしょうか??

 

 

まあ、

 

 

それ以外の理由として、直近100年単位を振り返っても、

『海外市場』のリターンが大きいことも、主な要因ですが。

 

 

冒頭『さらっと』と書きましたが、長くなってしまいました(笑)

 

 

今日の『本題』に入ろうと思います。

 

 

前述2ポイントをクリアして、資産形成を開始した方々も、

実際は、『投機』の罠にはまっている方々も、多くいます。

 

 

そのような事例は、世間に溢れていますね。

 

 

今年に入り、話題にあがる『暗号資産(仮想通貨)』もそうです。

 

 

不労所得を得ることは、

 

 

大きく2つ、『資産形成(投資)』と『投機』に分類されますが、

私の個人的解釈として、両者の言葉の定義は次のようになります。

 

 

『真意』として、間違っていないと思います。

 

 

*資産形成(投資):世界全体の『経済成長』に相関して、利益享受するもの。

 

 

*投機:市場に存在する『歪』を出し抜き、利益として得るもの。

 

 

それで、

 

 

独立系ファイナンシャル・プランナーとして、私自身はもちろん、

クライアントさんに提案させて頂くのは、前者(資産形成)です。

 

 

人生を懸けて、『博打』を打つ気はまったく有りません。

 

 

個人的に、『公営ギャンブル』すらしたことないですね。

 

 

ただし、世間一般には『後者』の方がウケるんですね(笑)

 

 

先日、

 

 

過去最高値(5万8000ドル台)をつけたビット・コインは、

今週に入り、取引価格は急落して、久しぶりに停滞しています。

 

 

一時、

 

 

その価格は『4万4000ドル』付近まで下落していましたから、

わずか一週間ほどで『約25%』もの価値が吹き飛んだ計算です。

 

 

要因としては、憶測レベルも含めて、様々ありますね。

 

 

『直近の価格上昇は、明らかにバブルであり、投資家が嫌った』

 

 

『15億ドル取得したイーロン・マスク氏が、弱気発言をした』

 

 

『世界的富裕層が、仮想通貨全体のバブルに、警鐘を鳴らした』

 

 

『そもそも、決済手段として確立しない今、完全に人気投票だ』

 

 

などなど。

 

 

個人的に、『下落の理由』はなんでも良いと思うのですが、

『投資しない理由』は、そのボラティリティの大きさです。

 

 

要は、

 

 

上がるにしても、下がるにしても『価格変動幅』が大きく、

『個人投資家レベルでは、手を出せない』ということです。

 

 

この辺り、FX(外国為替取引)にも共通しますね。

 

 

果たして、

 

 

市場参加者のどれだけが理解しているか、大いに疑問ですが、

この市場は巨人(投資系銀行)同士の戦いにより成立します。

 

 

異なる表現では、荒れ狂う御海原に『筏』で船出するようなもの。

 

 

確かに、生存できる確率も『ゼロ』では無いと思いますが、

まさに、『命』を賭けて『ギャンブル』するのと同義です。

 

 

それは、到底『資産形成(投資)』とは呼べません。

 

 

恐らく、

 

 

この公式ブログを読んでくださっている方の中には、

実際に『資産運用』をしている方々もいるでしょう。

 

 

しかし、

 

 

身銭を切って、働いてもらっているその『お金』が、

『ギャンブル』でないか、見極める必要はあります。

 

 

『第一原則は、お金を失わないこと』

 

 

『第二原則は、第一原則を忘れないこと』

 

 

世界No. 1投資家:ウォーレン・バフェットが掲げる、

投資の鉄則を紹介して、本日の結びとさせて頂きます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile