果たして、現実世界で【MMT:現代貨幣理論】は成立するのか??

今日のテーマは、『果たして、現実世界でMMT:現代貨幣理論は成立するのか??』です。

 

 

新政権に突入して、バラマキがひと段落しそうですね。

 

 

18歳以下の子供のいる家庭に対して、所得制限有で、

一人当たりとして『10万円』を支給するというもの。

 

 

対象という観点においても、時期的な観点においても、

どこから突っ込めば良いのか困惑してしまう政策です。

 

 

結局、

 

 

衆院選を闘うにあたり、目の前に吊るされたニンジン、

そこに『意味』を求めることこそ、無意味でしょうか。

 

 

まあ何1つ条件該当しておらず、興味なしですが(笑)

 

 

それにしても、

 

 

海外先進諸国と比較して、日本の給付金額は微妙です。

 

 

これまで、

 

 

コロナ禍突入後、2年近くの期間が経過していますが、

国民一律に給付された金額は『10万円』の一回切り。

 

 

確かに、

 

 

『無い』にフォーカスするのではなく、焦点を変えて、

上記1回を『有る』と考える方法も有効かも知れない。

 

 

しかし、

 

 

私たち日本国民の全てが、日頃から哲学的思想を持ち、

崇高に生きてはいないと思うので、現実に不可能です。

 

 

仮に、

 

 

今回も『子供のいる家庭』とかショボいこと言わずに、

国民一律給付(10万円)にしたら、どうなるか??

 

 

2021年現在、

 

 

日本の総人口は『1億2000万人』程なのですから、

単純計算『12兆円』予算確保で実行可能になります。

 

 

日頃、高い税金・社会保険料負担しているのですから、

それくらい、やってくれてもバチは当たらないですが。

 

 

皆さん、反旗を翻し、国外脱出を真剣に考えましょう。

 

 

冷静に考えるほど、本当にショボい政策だと映ります。

 

 

それで、

 

 

このような給付金関連における実行能力を考えるとき、

いつも、頭の中に浮かんでくる『考え方』があります。

 

 

それが、

 

 

タイトルに採用した『MMT:現代貨幣理論』であり、

公式ブログで、過去何度か取り上げさせて頂きました。

 

 

ケインズ経済学の流れを汲む、マクロ経済学理論です。

 

 

簡単に説明すると、

 

 

『自国通貨』を発行することが可能な政府(国家)は、

債権発行による財政赤字拡大しても債務不履行しない。

 

 

更にかみ砕くと、

 

 

『自国通貨』建ての債券発行が可能である日本などは、

いくら借金を積み上げても、全然平気ですということ。

 

 

そんな『夢みたいなこと』が成立するでしょうか??

 

 

もしも、

 

 

これが、現実世界で成立するならば、債権を摺まくり、

身の丈以上の国家運営を、未来永劫続けられますよね。

 

 

そうなれば、

 

 

『18歳以下の子供に10万円』とショボい事言わず、

国民一律に『100万円』ずつ支給すれば良いのです。

 

 

そうすれば、私たち日本国民も、当然喜ぶでしょうし、

時の与党も、歴史上稀に見る高支持率を達成可能です。

 

 

双方にとってWin-Winなので、悪くない話のはずです。

 

 

しかし、現実世界では、それが起こっていませんよね。

 

 

それは、当然、そのロジックにリスクが伴うからです。

 

 

一旦冷静になり、普通の思考回路で考えてみて下さい。

 

 

仮に、

 

 

私たち『個人レベル』で、毎月の収入を上回る生活を、

『借金』を積み上げる形で、送り続けたらどうなるか。

 

 

引っ掛け問題でも何でもなく、完全に破綻してしまう。

 

 

それが、

 

 

『国家』という馬鹿でかい組織単位になることにより、

成立するようになると考える思考回路こそ、危険です。

 

 

古今東西『規模感』に簡単に騙される人は存在します。

 

 

次のような問題で、シンプルに、チェックが可能です。

 

 

問題:地球1周にロープを巻くとします。(実務不問)

ロープ全体を1m持ち上げた場合、足りない長さは??

 

 

上記文章で、状況理解出来ない方々の為に、補足します。

 

 

光速(秒速30万キロ)が、1秒に地球7周半ですから、

おおよそ、地球1周の距離は『4万キロ』と分かります。

 

 

つまり、最初に巻かれていたロープも『4万キロ』です。

 

 

次に、

 

 

人類70億人の共同作業により、1mずつ持ち上げた際、

離れて、『足りなくなった長さ』を問うている問題です。

 

 

選択肢は3つ、①:60m、②:600m、③:6km。

 

 

果たして、どの選択肢が、正しい解答なのでしょう??

 

 

久しぶりに、シンキング・タイムを設けましょうか??

 

 

皆さん、真剣に考えてみて下さい、それではスタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、終了です!!其々、独自の答えは出ましたか??

 

 

正解は、、、、そうです、選択肢中には有りません!!

 

 

時間も迫ってきたため、早速、計算に移ろうと思います。

 

 

地球1周に巻かれたロープを、1m持ち上げる事により、

ロープが形成する円は、直径が2m伸びた事になります。

 

 

*自分が持ち上げた1mと、裏側の人が持ち上げた1m。

 

 

皆さん、小学校で円周の計算法は習ったと思いますから、

それは、【直径✖️π】の計算式で求められますよね??

 

 

上記の通り、

 

 

1m持ち上げた前後で、直径は2m大きくなりますから、

ロープが足りなくなる、求めるべき長さは【2π】です。

 

 

つまり、正解は、およそ【6m】ほどの長さが正解です。

 

 

恐らく、

 

 

多くの方々が『地球』という巨大な規模間に引っ張られ、

『選択肢③:6キロメートル』を選ばれたと推測します。

 

 

皆さん、『メルヘン』の世界に生きられていますね(笑)

 

 

そういう方々が、心の底からMMTを信じてしまいます。

 

 

無限に『借金』を積み上げて、国家運営など出来ません。

 

 

ここでも、『地に足付いた感覚』を持つことが重要です。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降、

【リアル(大阪)/ オンライン】と並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■11/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■11/26(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■11/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■11/26(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile