『有事の際には、、、、』★

僕のセミナー受けてくれた人や、

普段の会話で『お金』の話した人で、次のように言う人がいます。

『有事の際には、井上さんに相談します!』

次の言葉も、同義です。

『また今度、相談させてもらいます!』

僕も、その場では『はい』と答えます。

ちゃんと笑顔でね(^_^)笑

でも、ほんま言うたら、

『有事の際』には僕にも対処不能です(笑)

だから、相談されても、何もしてあげられることない。

ちょっと考えたらわかることです。

大きな地震が来たらあかんから、

建物を補強する、非常食を備蓄する。

不慮の事故にあったらあかんから、

資産不足の時期はあらかじめ保険に入る。

大きな病気にかかったらあかんから、

普段から身体気を付ける、定期的に運動する。

これ、みんな、事前に準備してます。

起こったらあかんイベントがあるから、

そうならないように、前もって『準備』する。

『お金』や『投資』に限らず、全てに通じます。

地震が起きてる最中に、耐震補強工事は出来ない。

コンビニから水、食料が消えてから、手に入れることは不可能。

事故にあってから『保険入れてください』言うても、

不審者やと思われて終わりです。

病気してからジョギング始めたら、

逆にめちゃめちゃ弱りますよ(笑)

いつもの『野球例え』行きます(笑)

2回表0対0の同点の場面、

『次どうしましょ?』言われたら作戦ナンボでもあります。

でも、9回表0対16まで試合進んで、

『次どうしましょ?』言われても、なんも作戦ない。

『いや、ボロクソ負けとるね。』と、

一緒に確認してあげることしか出来ません(笑)

『いや、自分、ボロクソ負けとるで』と。

『有事』は、人によって違います。

自分自身の『資産形成』かも知れないし、

親の『相続』『贈与』の問題かも知れない。

『資産形成』の場合、

『初動』の1つのリミットは『40歳』です。

どうですか??

意外に若くてびっくりですか??

『相続』なんかの場合も、

最低『10年間』の期間は要ります。

それで、ほんまに『10年』しか残さず来られても、

パワープレーになるから少し困るけど(^_^;)

僕は、常々『平時に備える』言うてます★

でも皆さん、『平時』には寝てます(笑)

で、『有事』になってから焦り出す(笑)

これ、地震起こってからコンビニに走る、

世間一般大多数の方々と一緒ですよね。

だから、『平時』から備えよう★

『有事』は、既に準備完了してる時のことです(^_^)

326

15 件のコメント