『エスキモーの話』の続き★

『エスキモーに冷蔵庫を』の話の続きです★

ここ数ヵ月間、少し考えてたことがあります。

1年後を目処に、

地元『岡山県津山市』に帰ろうかどうか。

もちろん、一生定住して骨を埋めるつもりはありません。

その時その時の流れに任せて、移っていきたい。

で、今大阪で活動してる訳ですが、

地元に僕の知識を持って帰れないかな、と。

僕自身、やっぱり地元が落ち着くということもあります。

でも、今回の帰省で、その考えをやめました。

僕がやってる『お金』の話は、この街ではウケない(笑)

以前から、少しずつ都会との雰囲気の違いも感じてました。

『都会』と『地方都市』では、

同じ日本でも『リアリティ』は全く違います。

僕は、『投資』を有効に活用した、

ライフプランニングの話をしています。

blogを読んでくれたり、口コミで、

都会の方々はレスポンス良く反応してくれます。

都会の方々にとって、

『投資』という言葉には『リアリティ』があります。

しかし、地方都市はまったく無い。

それもそのはず、日本最大の証券会社、

某N証券の支店すらありません。

『為替相場』『日経平均株価』なども、

この街の人にとってはTV・新聞の中の出来事です。

自分の実生活には、遠すぎて関係がない。

普段している『国債累計赤字』の話や『マイナンバー制度』の話も、

僕自身していて、この街の感覚とのズレを感じていました。

この街に居ては、『リアリティ』が全く無い。

でもそれは、悪いことでは決してありません。

地方都市には、大都市には無いものもあります。

『人との繋がりの強さ』です★

正直、金融危機が起こっても、預金封鎖されても、

地方都市の方々は互いに協力して生きていけます。

それぞれに『実業』があり、

互いに生み出す価値を好感することが出来るからです。

それぞれがやってる仕事が、

人の生活に直結して役立つことをしてるからです(^_^)

対して、大都市は大きく2点で違います。

1つは、多くの人が、

本当に価値があるかわからない仕事に従事してること。

『仕組み』『システム』にハマることで給与をもらってます。

非常事態になったときまで、

その仕事が社会に本当に必要か、かなり怪しいです。

2点目は、『お金』のウェイトが大きいこと。

東京、大阪で生活するのに、

『お金』な欠かせない存在です。

その介在無しに、

人と物・サービスの交換するのは難しいんじゃないかな。

田舎では、野菜も近所の人からもらえるし、

夕食をご馳走することも、されることも普通。

お風呂も、頼めば難なく借りれます(笑)

家が壊れたら知り合いの大工さんが来てくれるし、

教師をしてた人が、知り合いの子供を無償で教えることもある。

都会では、なかなか無い光景です。

地方都市と同じレベルの行動・生活でも、

都会では1コ1コ『お金』がかかる。

『お金』の有る無しということが、

都会の人には死活問題になってくるわけです。

で、長くなりましたが『エスキモー』の話★

井上耕太は、『エスキモーに』というか、

『アラスカ』では冷蔵庫を売りません!

確かに、その地域にも必要とする人は居るかも知れない。

でも、僕の知識・情報は、

都会の方々にこそ、より生かして貰えます。

僕には、大きな夢があります★

自分から発信して、経済的に豊かな人達の『輪』を、

数万人レベルで作ることです(^_^)

これは、自分の『才能』と勝負する、

まさに、僕にとっての『ライフワーク』。

この夢からは、決して逃げない。

だから、これからも都会で勝負していきます(^_^)★

304

4 件のコメント