最初に、『出口戦略』を考えよう★

『出口戦略』

『投資』の世界では最重要事項です★

①いつ、市場に入って、

②自分の中でどういう計算が成り立ち、

③どの基準値で売り抜けるのか。

④ゲームオーバーの基準も明確に。

これを考えることなく、

単に『上がったらいいな~』で市場に入るのは、

ただの『丁半博打』以外の何物でもない。

『パチンコ』『競輪』『競馬』と同じです。

上の項目の中で、特に大切なのは『③』です。

手にしてしまったものを、いかに手放すか。

『手に入れる』のは簡単。感情のままに動けばいいから。

でも、『手放す』ことは本当に難しい!

僕は、こういう理由で、

『物:モノ』を手に入れる時に細心の注意を払います。

『物:モノ』

『金融資産』と比べて流動性が低く、

手放す際の『出口戦略』がとても大切です。

いくつか用事が重なって、

この土日、弾丸で実家に帰ってました。

実家には、僕の18歳までの軌跡が残されてますが、

ボストンバッグとプラスチックケース1個ずつ。

これで、井上耕太の18年間は完了(笑)

高校の野球部の時の道具と、

子供の頃から特別思い入れのある品々だけ。

この2つは、僕が将来亡くなったときに、

棺に入れて一緒に燃やしてほしい『物』です。

それ以外は、要らない。

田舎の人ほど、多くの『物』を持ってます。

それは、『家』が一般的に大きいから。

あと、昔のままの『所有』という概念が、

未だに田舎では根強く残ってるからです。

実家から数百メートル行くと、

とても住み良いエリアが広がります。

コンビニもイオンもファストフード店も、

ホームセンターも本屋も携帯ショップも生活圏内にある。

もしかしたら、今の大阪の家より便利かも。

で、僕が子供の20年ほど前は、田んぼしかなかったのに、

今はそのエリアはバンバン住宅で埋められてます。

『月4~5万、賃貸の費用で家が買える!』

看板には、魅惑的な文字が踊ります。

このキャッチフレーズ、

『みんな、アホほど簡単に買うんやろなぁ』と(笑)

案の定、近付いてみると『完売御礼』です(笑)

『月4~5万、俺らでも家買えるやん!』

これで買ったとしても、

10年も経てば子供たちは出ていきます。

残されるのは、

『夫婦2人で暮らすには広すぎる空間』と、

『夢に懸けた住宅ローン残高』です。

『子供に住ませるわ!』と言っても、

今の日本の住宅は、2代に渡って住めるようにはなってません。

1代目終わる頃には、相当ガタきてる。

『出口戦略、どうするやろなぁ??』

と思って見てます。

『物:モノ』

その時の感情の赴くままに手に入れると、

あとで大変なことになってしまいます。

皆さん、『手に入れる』時は気を付けて!

実は、この話は続きがあります★

それは、明日書くことにします(^_^)

327

7 件のコメント