覇権国・米国が抱える【根本的課題】は、果たして解決するのか??

今日のテーマは、『覇権国・米国が抱える根本的課題は、果たして解決するのか??』です。

 

 

公式ブログでも、

 

 

度々、世界の『覇権国』と表現してきた米国ですが、

その実情は、恒常的な『根本的課題』が存在します。

 

 

恐らく、

 

 

同国をめぐる『財政問題』について議論される時に、

『双子の赤字』という言葉を聞かれた事があるはず。

 

 

これは、

 

 

『財政収支』『貿易収支』双方の赤字を示しますが、

以前から、米国は世界一の『債務大国』に陥ります。

 

 

元々、

 

 

言葉が使われ始めたのは、ロナルド・レーガン政権下、

1980年代に遡りますから、なかなかの歴史ですね。

 

 

その後、

 

 

1990年代後半のクリントン政権下では、一時的に、

財政収支のみ黒字化したものの、経常収支赤字は継続。

 

 

また、

 

 

『経常収支:黒字化』も、一時的なイベントに終わり、

ブッシュ政権下からは『双子の赤字』が常態化します。

 

 

日本の財政も厳しいですが、米国のそれも、中々です。

 

 

ただ、

 

 

このように、財政が『壊滅状態』にあるにも関わらず、

それほど悲壮感がないのは、基軸通貨特権の恩恵です。

 

 

話を戻すと、

 

 

恐らく、日本国民の皆さんはあまり関心持ちませんが、

米国財政は、常に『債務上限』の戦いを繰り広げます。

 

 

コロナ禍、

 

 

有事を切り抜ける為、一時的に基準を撤廃しましたが、

その間、米国も法外な『新発債務』を積み上げました。

 

 

その結果、

 

 

米国市場は、極度の『金余り』が進行するようになり、

投資市場は、巨額の『投資マネー』が流入し続けます。

 

 

それを象徴するかのように、

 

 

FRBが用意する資金避難所である『リバースレポ』は、

行き場を失った資金『1.2兆ドル』が集結する事態に。

 

 

その主因は、

 

 

日本でもお馴染みのMMF(マネー・マーケット)で、

投資先の見つからないお金が、押しつけられた形です。

 

 

しかし、

 

 

その対局で『債務上限』復活により政府は窮地に陥り、

自ら手元資金を、急速に取り崩しているのが現状です。

 

 

実際、

 

 

昨年(2020年)末『1.7兆ドル』も積み上がった、

政府預金残高は、7月末『5000億ドル』まで急減。

 

 

その後、

 

 

翌月(8月)は『2400億ドル』まで半減しており、

このまま進行すれば、資金枯渇『Xデー』が迫ります。

 

 

流石に、

 

 

デフォルト(債務不履行)現実視の声は少ないものの、

覇権国・米国としても、好ましい状況ではありません。

 

 

以前(コロナ前)から、

 

 

米国は、『債務上限』の引き上げ攻防を継続しており、

今回も、今月(9月)末に1つの決戦の時を迎えます。

 

 

仮に、

 

 

『債務上限引上げ』が、議会で否決される事があれば、

前述の通り、米国債は、順次デフォルトに陥っていく。

 

 

もしも、

 

 

そのような結末を辿れば、当然、世界経済は混乱して、

私たち(日本人)の生活にも、大きな影響が及びます。

 

 

何事においても『可能性ゼロ』の事象は存在しません。

 

 

そして、

 

 

生起確率は低くても与えるインパクトの大きなものを、

特に、投資の世界で『ブラックスワン』と表現します。

 

 

米国債のデフォルトは、確実に、それに該当しますね。

 

 

繰り返しますが、発生確率は極限に低いかも知れない。

 

 

ただ、

 

 

決して『可能性ゼロ』ではないので、私たち日本人も、

この問題(米国債務上限)を注視する必要があります。

 

 

米国が抱える『根本的課題』は、簡単に解決しません。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降、

【リアル(大阪)/ オンライン】と並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■9/24(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/28(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■9/24(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/28(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile