『将来の自分』に支払う★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

ロバート・キヨサキのどこかの本に、

こんな言葉が書いてありました(^_^)

『まず、自分に対して支払う』

この言葉、最初見たときは全くわからなかった。

『まず、自分に支払』ってしまうと、

その月の生活成り立たんやん!って。

まず、家賃と光熱費を払って、

スマホ代払ってから交際費もいるし、、、、

ま、残ったら貯金していくか、みたいな。

お察しの通り、社会人スタートの3年間は、

この考え方でまったく『お金』無かったです(^_^;)

『まず、自分に支払う』

『投資』においては、これが本当に大切なポイントです。

『残ってから』ではなくて、

むしろ『最初に』自分への投資を確保する。

支払う対象は、『将来の自分』です。

行動経済学的に言うと、

これは全く『逆行』する行動です。

『今』という時間も考えながらも、

それよりも『将来』に対して支払う。

今すぐ手に入る『1万円』を放棄して、

将来の『100万円』を手に入れに行く。

動物的には『バカ』でないと、出来ない。

スタンフォード大学で行われた、

『マシュマロ実験』という有名な話があります。

修学前の子供に対して、

目の前にマシュマロを置いておく。

『15分後に戻ってくるから、

我慢して待ってたらもう1個あげる。』

というものです。

結果は、3分の1の子供が待つことが出来ました。

興味深いのはここからです。

その後の追跡調査が行われています。

このとき我慢できた子供の集団は、

大学進学時も優秀な成績を取り、

その後の年収も有意に高かったのです。

ここで『待てた要因』を考えると、

『IQ』は関係なく、『自制心』の差なのだとか。

動物学的に言うと、

目の前のマシュマロを即食べる行動が正しい。

なぜなら、15分後も生きている確率は、

今のそれよりも低いからです。

自然に考えたら、『今』を最優先します。

だから、多くの人が『投資』をしない。

でも、皆さんには今教えましたからね(^_^)

無意識に行動していては、頭はそのように考えます。

だから、その心理ブロックをぶち破る必要がある。

若いうちからスタート切るのは、

本当に有利なことです。

だから、皆さん『自制心』もって動こう★

そしたら、自由な未来が開けます(^_^)★

463

29 件のコメント