『定期預金』という不可解な行動★

今日のテーマは『定期預金という不可解な行動』です★

日本人の多くが『常識?』のように取る行動で、

僕たちが理解不能なものがいくつかあります。

先日のblogで紹介した『生命保険』もそうですが、

『定期預金』というのもその1つです。

『定期預金』

皆さん、しちゃってますか??

もししてるとしたら、何故でしょうか??

『普通預金よりも利率が良いから。』

と言った声が聞こえてきそうです。

しかし、それは本当に、

あなたにメリットを与える程のものでしょうか??

例えば、国内の『定期預金』最高利率の

『0.5%』(半年複利)という数字で計算してみます。

仮に、これに1年、100万円を預け入れたとすると、

100万円×1.0025×1.0025=100万6005円、、、

これを見て『1年で6,005円儲かった!』と思いますか??

僕からしたら、

『100万円』というお金を1年間『拘束』されるなら、

『6,005円』という対価はまったく見合いません。

実際、この直近1年だけで、

日本は『20%』近く円安が進みました。

何も考えずに『定期預金』をしていた方は、

その分、ご自身の金融資産を吹っ飛ばしたことになります。

また『72の法則』という考え方があります。

*ご存知ない方は、僕の過去のblogを見て頂けたら幸いです。

この考え方でいくと、当初預け入れた元本『100万円』が、

2倍の200万円になるのにかかる期間は約120年。

いくら現代の日本が長寿社会になったとしても、

常人の一生のうちに資産を2倍にすることは不可能でしょう。

これ、希望ありますか??

僕やったら、嫌です。

しかし、多くの日本人がとってしまってる、

投資戦略がこれというのは紛れもない事実です。

多くの方は、大学入試を始めとする受験戦争の中で、

かなりの高等数学の問題に取り組みます。

なのに何故か、社会に出たとたんに、

小学校で習うような四則計算もできなくなります。

『世間の常識?』にとらわれて行動するのではなく、

自分の頭で考えて、目で見て行動していきましょう(^_^)

245

16 件のコメント