最近の『国債』事情★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

今朝、面白いニュースを見つけました。

『物価連動型個人向け国債』発売

2017年2月から始まるようです(^_^)

今まで日銀や機関投資家に偏った買い手を、

外国人?や日本国個人に広げるのが狙いのようです。

果たして『外国人』が買うかは、疑問ですが(^_^;)

これに合わせて購入価格も、

従来の『1000万円単位』から『10万円単位』になるそう。

『日本国債』の是非は別にして、

僕は『物価連動型国債』はアリと考えます。

『物価連動型国債』というのは、

その名のごとく、将来の物価の如何によって償還金額が変わるものです。

インフレになっていたらもちろん上がりますが、

デフレになっていたら『償還金額』は下がる。

この後半の『償還金額が下がる』という所が引っ掛かって、

日本人の多くには受け入れられない商品です。

特に、『国債運用しよう!』という人は、

極端にリスク回避する人達ですからね。

サバンナで言うたら、『草食動物』。

いつも、何かにビビって生活してます。

しかし、少し思考能力ある人ならわかりますが、

『デフレ』とは『貨幣価値』が上がってる状況。

つまり、『償還金額』が下がったところで、

『貨幣価値』としては維持されてるから何の問題もない。

ただの『数字』だけ見た『元本保証』大好きの日本人には、

なかなか理解してもらえない考え方です。

めちゃめちゃシンプルなのにね(^_^)

なかなか皆さん、頑固マンです(笑)

しかも、この『個人向け物価連動型国債』の凄いのは、

『物価連動型』にも関わらず、『元本保証』はされるようです。

『勝つ』ときは戦利金もらえるのに、

『負け』さえも事実上『無し』にしてくれる。

『負けゲーム』無しの『投資』。

『ほんまかいな?』と疑いたくなる内容です(^_^;)

あ、ここで言うとくと、僕は買いませんよ(笑)

こんな『ガ●クタ』、見向きもできない。

ただ、『物価連動型』という、

『考え方は良いよね』という話をしてます。

それと、最近の『10年物新発国債』の利回り知ってますか??

なんと、『0.220%』まで下落してます。

『0.400%』切ったあたりから、

新聞等のメディアではヤイヤイ言われてました。

でも、今は少し静かになってるけど、

毎日毎日ちょっとずつ下落を続け、

気づいてみたら『0.220%』までなってます。

皆さん、わかってますか??

これ、『日銀』がしれ~っと買ってますよ。

こんな低い利回りでメリット無い商品、

機関投資家や海外の人達は買いません。

もし、今後世界の通貨大暴落が起こり、

『日本円』の価値が躍進する、といったシナリオ描く人がいたら別ですが。

まぁ今回の『物価連動型個人向け国債』発売も、

少しでも『国債』の引き受け手を増やすのが目的です。

『一般国債』に限った、

台所事情を少しでも整えようという動きです。

ターゲットは、何も理解してない『リタイア』世代。

現役世代の皆さん、

親世代へ注意換気しておくのも良いかも知れません。

『お得意先』になってる金融機関で、

アプローチが始まるのは目に見えてますから(^_^)

546

7 件のコメント