GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が抱える、【中国】絡みの悩ましい問題。

今日のテーマは、『GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が抱える、中国絡みの悩ましい問題』です。

 

 

時間も遅くなってしまったので、少しだけ。

 

 

と言っても、やはり余談から入ります(笑)

 

 

『新型ウイルス』に関して、本日の大阪新規感染者数は、

『599人』に上り、東京のそれを抜いて全国最多です。

 

 

これまで、

 

 

過去最高値は『654人』ですから、検査数が未知なものの、

『緊急事態宣言』を終えて、ぶり返していることは事実です。

 

 

この状況を受けて、

 

 

吉村洋文・大阪府知事は、遅くとも、来週明けを目処として、

『まん延防止等重点措置』適用を国に対して申請すると明言。

 

 

何でも、

 

 

措置実行下においては、時短要請に応じない事業者は、

『過料』を求めることが、出来るようになるのだとか。

 

 

少し、物騒な雰囲気になってきました。

 

 

大阪に遅れて、首都圏でも『緊急事態宣言』解除されましたが、

この様子なら、『大阪』の二の舞になる可能性は高いですよね。

 

 

しかし、

 

 

日本政府としては、今夏の『東京五輪』開催に向けて、

国内の感染状況鎮静化は、海外アピールしたいところ。

 

 

もしも、

 

 

ここで『緊急事態宣言』を再スタートさせることがあれば、

いよいよ『東京五輪中止』という決断もちらついて来ます。

 

 

行くも地獄、帰るも地獄。

 

 

非常に、『悩ましい局面』に入って来ました。

 

 

という『前振り』をして、『本題』に入りたいと思います。

 

 

前述の通り、

 

 

『新型ウイルス』に関しても、悩ましい局面を迎える日本ですが、

『GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)』も同様の思いです。

 

 

もちろん、その『理由』は異なりますが。

 

 

発端となったのは、

 

 

『FTSEラッセル』が、今秋10月から、世界的な債券ベンチマーク、

世界国債インデックス(WGBI)への中国国債組入れを公表したこと。

 

 

現時点、

 

 

ポートフォリオ全体の外債比率目標を『25%』とするGPIFも、

ベンチマークの変更に伴い『中国債』の購入検討を迫られます。

 

 

しかし、

 

 

皆さんご存知のとおり、日中関係は決して『善い』とは言えず、

『中国国債』の組入問題は、決して単純な議論ではありません。

 

 

因みに、

 

 

米国10年債が約1年ぶりの高値圏(1.7%程)に返り咲く中、

中国新発10年債の利回りは、それを大きく凌駕する『3%台』。

 

 

もちろん、

 

 

基軸通貨『米ドル』に対する、為替リスクも孕んでいますが、

それを差っ引いても、余りある『高利回り』が期待できます。

 

 

事実、

 

 

香港市場を通じて、日本の個人投資家も購入可能になりましたが、

直近4年間、中国債取引は2ヶ月を除いて『買い越し』ています。

 

 

世界規模で『超低金利』が続く時代、リスクを考慮しても、

それだけ、同資産(中国国債)が魅力的だということです。

 

 

しかし、

 

 

前述の通り、単純に『投資的観点』だけでなく、

その購入には『政治的観点』が密接に絡みます。

 

 

もしかしたら、

 

 

特に、年配の高齢者層の方々は、自らの『年金原資』が、

『中国』に投資されることを嫌う人もいらっしゃるかも。

 

 

ただ、

 

 

この世界的な潮流(債権ベンチマークへの中国債組入れ)の中、

明から様に、日本が債権購入しないと日中関係は冷え込みます。

 

 

さらに、

 

 

前述の通り、年率として『3%台』の運用利率を誇る資産を外し、

世界債権ベンチマークと同等の成績を上げることは至難の技です。

 

 

FTSEラッセルは、

 

 

今秋から36ヶ月(3年間)で、中国債を段階的に組み入れて、

最終的なウェートは『約5.25%』にのぼると公表しています。

 

 

個人的には、相当高いと感じていますね。

 

 

そして、

 

 

我らが『GPIF』の外債ポートフォリオ:パッシブ運用部分は、

現在、金額ベースとして『16兆円』前後を推移しています。

 

 

ジャンク債ではなく、ある程度の『信用』を持つ債権として、

『中国債』を組み入れず、目標達成するのは、正直に厳しい。

 

 

また、

 

 

もしも、今後『中国国内』でリスクが顕在化するような時、

部外者の日本が得られる情報量を不安視する声もあります。

 

 

まさに、日本政府に『決断の時』が迫っています。

 

 

『GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)』

 

 

私たちの生活に、『短期視点』で直結はしていませんが、

日本国の『年金制度』に関わるので関心は持ちましょう。

 

 

ただ、

 

 

将来的に、私たちが『年金』を無事に受給できるかどうかは、

『ポートフォリオ』云々に関わらず、別問題が存在しますが。

 

 

それでも、『無関心』が1番の罪だと感じています。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile