『値切っていないか??』

今日のテーマは『値切っていないか??』です★

『いきなりなんすか??』みたいな。

僕も、東南アジアとか旅するときは、

絶対に向こうの『言い値』では買いません(^_^)

『値切る』というか、こっちが価格を決めます。

でも、大切な場面では値切っちゃいけない。

大阪は『商人』の町です。

普段の生活でのやり取りの中からも、

学ぶべきことが多く、本当に勉強になる。

自分が人生トータルでプラスになるよう、

その場だけの『損得』では勘定しない。

雑誌にも載る有名ハンバーグ店でも、

ちょっと待たせたら必ず『サービス』★

『いつも来てくれてるよね、ありがとう』

お客さん多いし、絶対に覚えてない(笑)

でも分かってても、こんなんやられたら、また来ますよね(^_^)

いつも仕事で使わせてもらうお鮨屋では、

プライベート利用の時は、採算度外視でやってくれる。

そこには、

『またいいお客さん紹介してな』の言葉がこもってる。

八百屋とかでも、バーでも、

大将やマスターからの『サービス』は受け取ったらいい。

でも、こっちから『安して』は禁句です。

確かに、値段の『数字』は安くなる。

でも、今後一切、『良いもの』は出てこなくなります。

あなたの、お客さんとしての『ランク』も、

そこで一発で決まります。

僕の『お金のセッション』は、

一般的なものと比べて安くはない。

僕のんは『一般的なもの』てはないので、

比較対照なんて実際は出来ませんが、、、

それでも、ご提供できるメリットの、

1%にも満たない報酬なので、僕自身『妥当』と考えます☆

で、たまに向こうから

『安くなりませんか?』と言われることがある。

カップルセッションを、セミリタイアライフプランに。

僕は、『いいですよ』と答えます(^_^)

でも、それぞれで出せる『情報』は格段に違います。

『値切られ』たら、こっちも『情報』を値切ります。

また、新しく良い情報が出てきたとき、

こういった人に届けようと思うでしょうか??

自分が知らないうちに、

圧倒的なチャンスを失っていることがあります。

こちらサイドになって、初めてわかりました。

大切な場面では、絶対に『値切って』はいけない(^_^)

僕自身、気を付けようと思います(笑)

260

34 件のコメント