淡々と、続ける★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

なんか、混沌としてますよね(^_^)

世界経済の話です。

いつからなんやろ??と考えると、

2011年くらいなんちゃうかな??

もうここ5年ほど、ぱっとしてない。

『2011年』とか聞くと、

日本の方からは『震災ですか??』と聞かれます。

いやいや、あれは日本限定の話やから。

『世界経済』までの影響力ないよ(^_^;)

あの震災の直撃で、

『東京が潰れた!』とかなると別ですが。

あの時、はっきり顕在化したのは『ソブリン危機』。

でも、これは根本的な解決してないので、

今後もずっと燻り続けると見てます。

『PIIGSs 』

『ポルトガル』『アイルランド』

『イタリア』『ギリシャ』『スペイン』

『ユーロ』の問題児軍団は、

何1つ根本を解決しないまま今も息を潜めます。

『ギリシャ』も今年潰れかけたし、

ほんま言うたら理屈的にはデフォルトです。

昨日の報道では、欧州安定機構から、

『10億ユーロ:約1320億円』の支援が発表されましたね。

総額860億ユーロ支援するうちの、

最初の支援分らしいです。

人口1000万人、GDP1800億ユーロ程度のこの国に、

なぜ『860億ユーロ:11兆円over』の支援が要るか理解不能です。

たぶん、この『お金』も、

すぐ跡形もなく消えるんやろな(笑)

もし日本で、

公的資金で『東京都』にこの支援したら、

日本中で大暴動が起きますよね(笑)

『スペイン』にしても、

不動産バブル崩壊から壊滅的な不況になって、

一時、失業率20%とかなってましたよね。

若年層に限っては、

失業率50%越えるんじゃないかという報道もあった。

『スペイン、先進国じゃなかったんすか??』

ほんまに驚いたことを覚えています(^_^;)

例を挙げれば切りないですが、

今後も『ユーロ』は燻り続けるよ。

その場その場で、繕いながら進むから。

でも、世界の閉塞感の原因は他にもある。

『中国』の経済成長鈍化です。

『眠れる獅子』は起きたけど、

もうそんなに成長ないんちゃうか言われてる。

これはどうか??

僕には正直わかりません。

でも、あまりに悲願しすぎてる気がする。

『中国』『インド』が減速しても、

まだまだ世界には伸びる所が多くあります。

長期的にみて、世界全体として、

経済規模は明らかに増加する。

まだ、人口も伸びているし、

経済成長の余地のあるエリアはナンボでもある。

それが、いつか顕在化してくる。

今は、その『希望』が見えるまでの『混沌期』です(^_^)

『光』が見えたら、

またバブルが起きて、それが崩壊して、

混沌期を経て、またバブルが発生する。

今までも、そうやって世界経済は成長してきました。

ブルームバーグに、次のような記事も載ってました。

ブラックストーン、ミレニアム・パートナーズなど、

少数を除いて2015年のヘッジファンドは全般的に不調。

あと1年くらいは、これが続くらしい。

僕も、ある師匠の1人から、

『耕太、あと1年は何やってもダメやから。』

と教えられました。

これがどうこうという話じゃなくて、

『今は、そういう時期』だということ。

今、『投資』をやってて、

思うような成績じゃない方もいると思います。

でも、長期視点で考えたら、

そんな時も余裕で何度もある。

短期視点で『一喜一憂』するのはやめて、

こんな時こそ『淡々と、続ける』★

『夜明け』は、必ずやってきます(^_^)

538

9 件のコメント