2022年、【暗号資産:仮想通貨】はその地位を確立できるのか??

今日のテーマは、『2022年、暗号資産:仮想通貨はその地位を確立できるのか??』です。

 

 

今年1年通して、大いに話題提供してくれたテーマです。

 

 

年の瀬、暗号資産(仮想通貨)の値動きは依然荒いまま。

 

 

実際に、

 

 

代表通貨『ビット・コイン』の取引価格の推移を追うと、

11月上旬『過去最高値』水準から大幅下落しています。

 

 

具体的には、

 

 

11月10日『6万9000ドル』付近の推移を最後に、

現時点、『5万ドル』の大台を割り込む水準まで急降下。

 

 

僅か1月半ほどの期間に、30%に近い下落を見せます。

 

 

勿論、

 

 

代表通貨(ビットコイン)以外の取引も全体的に低調で、

かつて注目を集めた芝犬コインも、8月振りの低空飛行。

 

 

最近でこそ、

 

 

『暗号資産』という言葉が使われるようになりましたが、

それ以前の俗称、『仮想通貨』がしっくりくる状況です。

 

 

直近、同市場が低調な理由は、大きく3つ考えられます。

 

 

1つは、

 

 

新型コロナ・ウイルスの新変異株とされるオミクロンが、

世界的猛威を振るい、感染拡大を続けているということ。

 

 

この辺り、

 

 

未だ、新規感染者数が低く抑制されたままの日本国とは、

海外諸国との感覚に、大きな乖離があると感じています。

 

 

実際、

 

 

活動拠点とする大阪は、都心部の人流も活発化しており、

街中の飲食店は、常に活況呈しているように見受けます。

 

 

対して、

 

 

感染大国・米国では、日内感染者数が20万人を突破し、

英国、仏国でも、日内新規は10万人規模で推移します。

 

 

再び、『ロック・ダウン』も叫ばれるようになりました。

 

 

これにより、

 

 

勿論『法定通貨』で取引される株式市場も下落しますが、

かと言って、暗号資産は、対極として機能していません。

 

 

むしろ、

 

 

『法定通貨』の市場が崩れるのと比例して下落しており、

これまでの値上がりが、過剰供給だったと証明しました。

 

 

『法定通貨』と比較した時、明確なメリットが無いなら、

同市場から参加者(投資家)が撤退することも納得です。

 

 

また、

 

 

米国・金融当局である『FRB(米連邦準備理事会)』が、

インフレ対策として、金融引締に転じたこともマイナス。

 

 

これは、

 

 

米国内で進行する『インフレーション』への対策ですが、

代替資産として期待された同市場は、簡単に崩れました。

 

 

要は、

 

 

『暗号資産:仮想通貨』はインフレヘッジ資産としても、

市場参加者の期待を裏切る推移を見せているということ。

 

 

いよいよ、(現時点における)投資意義が見出せません。

 

 

更に、

 

 

SEC (米証券取引委員会)は代表通貨ビットコインの、

現物連動型ETFの上場についても、慎重な姿勢を維持。

 

 

冷静に考えれば、それは至極当然とも言えることであり、

変動激しい資産への投資など当局が勧められる訳が無い。

 

 

西洋諸国から、『中国』はリスクと見做されていますが、

暗号資産取引を全面停止した点は称賛を得られています。

 

 

冒頭ご紹介した通り、

 

 

未だ、著名人の発言1つで取引価格が乱高下してしまい、

出処・真偽不明の情報についても、それは同じことです。

 

 

他を見渡しても、そのような対象はほぼ存在しない訳で、

間違っても、短期売買で手を出す代物では、決してない。

 

 

2021年末現在、

 

 

米国内でも、『約2割』の投資家が保有するようですが、

彼ら・彼女らの9割が貨幣経済の独立に主眼を置きます。

 

 

要は、

 

 

既存の『法定通貨』は、政府コントロール資産である為、

貨幣経済の『主導権』を、自らに取り戻そうということ。

 

 

個人的に、その考え方自体は間違っていないと感じます。

 

 

ただ、

 

 

関連する技術革新が日進月歩することが災いして(?)、

新たな暗号資産(仮想通貨)も日々続々と生み出される。

 

 

遂には、

 

 

地球上に、『法定通貨』をも凌駕する数のそれが存在し、

玉石混交の現時点では、『本末転倒』感も漂っています。

 

 

2022年、暗号資産はその地位を確立できるのか??

 

 

期待と疑い、相反する視点を持ちながら注視を続けます。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile