投資家は『善』か?『悪』か?

今日のテーマは『投資家は、善か?悪か?』です★

少し前のブログで、日本人は、

『労働によって価値を生み出す能力は世界No.1』とい話をしました。

これは紛れもない事実です。

僕は、日本人であることを誇りに思います(^_^)

しかし、『投資によってお金をまわす』ことに、

ネガティブなイメージを持たれている方が多いのは、残念に思います。

『投資家』というと、日本人はどうしても、

一時のトレンドに『投機』してマネーゲームをする人達をイメージします。

でも、『真の投資家』というのは、

社会にとってなくてはならない存在ではないでしょうか?

例えば、あなたが会社員で年収1000万円を貰っているとして、

あなたの存在で新たに生み出される利益は、せいぜい1000~2000万円です。

*あなたの働きで『新たに』生み出される価値です。

既に仕組み化されていた価値は引いてください。

*会社員は年収の3倍利益を出さないと、

会社にとって本当の利益は出ていない、と言われます。

ただ、そんな優秀な会社員はほとんど居ません。

対して、会社に1億円投資してくれる『投資家』がいるとします。

この『お金』のお陰で、企業の可能性はぐっと広がります☆

・研究開発ができる。

・設備投資ができる。

・広告宣伝・販売促進策が打てる。

・社員の給与が支払える。

・将来のキャッシュフローを生む投資ができる。

etc.

現在の日本において、かなり高率な4%利回りがあったとしても、

この『投資家』への支払いは年間400万円。

・生み出す価値が1000~2000万円で、給与が1000万円の『会社員』

・1億円投資してくれて、年間400万円で満足してくれる『投資家』

会社にとっては、どちらが有り難いでしょうか?

答えは、『どっちも』です(^o^)!

流れ的に『投資家』と言うと思ったでしょ(笑)

つまり、今日の話で僕が伝えたいことは、

『労働収入も投資による収益も、どちらも尊い』ということ★

どちらが優れている、劣っている、ということではありません。

僕は、働いて『労働収入』も得ていますし、

『投資』してお金にも働いてもらってます。

自分の『お金』で、世の中に、

新たな価値が作られていると考えると、とても喜ばしく思います。

皆さんが、『真の投資』に対して、

もっとポジティブなイメージを持たれることを祈ります(^_^)

218

11 件のコメント

  • … [Trackback]

    […] Here you can find 13037 additional Info on that Topic: michiamokota0421.com/investor/ […]