個人向け国債は、本当に【安心・安全】な投資対象なのか??

今日のテーマは、『個人向け国債は、本当に安心・安全な投資対象なのか??』です。

 

 

元来、

 

 

日本人は、極度に『損をすること』を恐れる国民性です。

 

 

それは、

 

 

資産形成(投資)をする際、対象を選択する第一条件を、

『元本保障』に定めていることでも証明されていますね。

 

 

この辺り、

 

 

『お金』の本質を理解している方であれば、真の意味で、

元本保障は、地球上に存在しないとお分かりでしょうが。

 

 

また、

 

 

保有資産総額(2000兆円超)に対する現預金比率が、

過半(1000兆円超)を占めることももう1つの証拠。

 

 

この比率は、

 

 

海外諸国から見れば、異次元レベルと言える数字であり、

金融インフラが整備されていない、途上国並の水準です。

 

 

そうでなければ、現預金50%超えの説明がつきません。

 

 

このように、

 

 

過敏なまでに『損は絶対したくない』日本国民にとって、

個人向け国債は、麻薬性の『魅力』を放つ投資対象です。

 

 

何故なら、

 

 

償還金額は国家に保障(元本保障)されて、金利も確定、

臆病者が求める条件は、ひと通り満たされると言えます。

 

 

果たして本当に有効な『投資対象』なのでしょうか??

 

 

先ずは、

 

 

基本情報から整理すると、個人向け国債には3種類あり、

固定金利3年もの、5年もの、変動金利10年ものです。

 

 

原則的に、

 

 

それぞれ発行後1年が経過すれば『中途解約』も可能で、

資金の流動性も、ある程度は確保されていると言えます。

 

 

さらに、

 

 

変動型10年ものは、世界的な金利上昇の影響を受けて、

直近、その金利も、じわじわと上昇する傾向にあります。

 

 

元々、

 

 

最低水準『年率0.05%』が国家保証されていましたが、

2022年1月分から、その金利は『年率0.07%』に。

 

 

その後も、

 

 

2月募集分『0.11%』、3月分『0.12%』と上昇し、

遂に、5月募集分は『0.17%』の水準にまで達します。

 

 

巷では、

 

 

普通預金金利が『年率0.001%』で推移する世の中で、

上記の水準は、170倍にも相当する異次元の数字です。

 

 

やはり、個人向け国債こそが『最善策』なのでしょうか。

 

 

当然ですが、私はその意見に対して『ネガティブ』です。

 

 

むしろ、私見では、この金利水準では話にもなりません。

 

 

世界経済と切り離されて、

 

 

過剰なレベルの『低金利コントロール』を受けた日本で、

一般的な金利水準と比較すること自体がナンセンスです。

 

 

外に目を向けると、

 

 

日本国債より格付けの高い、米国債10年ものの金利は、

今、この瞬間も『年率3%超』の水準で推移しています。

 

 

また、

 

 

日本国債と同等まで『信用リスク』を引き受けるならば、

世界基準での債券利回りは『年率4%』が確保出来ます。

 

 

そもそも、

 

 

凡ゆる『投資の神様』も言及している、投資の最大の敵、

『インフレ』と闘うには、0%台の金利では不可能です。

 

 

実際、

 

 

この記事は、大阪都心部のカフェで書き進めていますが、

本日から全商品『5%』の値上げが突如起こっています。

 

 

『年率0.17%』のクーポンなど、焼け石に水です(笑)

 

 

定期預金は言わずもがな『個人向け国債』という対象も、

出資した瞬間、『負けゲーム』が確定しているという事。

 

 

それ位を見抜く眼力は、持ち合わせた方が良いでしょう。

 

 

オープン形式(どなたでも参加可能)の主催セミナーを、

対面・オンライン形式とも、現在、定期開催しています。

 

 

——————————————————————–

■7/27(水)将来のお金の不安が2時間で解決するセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■7/28(木)将来のお金の不安が2時間で解決するセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*オープンセミナーは予告なく終了の可能性があります。

 受講希望される方は、有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

*個人面談受講を希望される方は、直接ご連絡ください。

*井上耕太事務所(公式)michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

38 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・独立系FP事務所【井上耕太事務所】代表。
    ・1984年4月21日生まれ。岡山県津山市出身。
    ・2008年 国立大学法人【神戸大学】卒業。

    【保有資格】
    ・CFP®(国際ライセンス:認可番号 J-90244311)
    ・1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格:認可番号 第F11421005598号)

    【活動実績】
    ・個人面談【人生を変えるお金のセッション】受講者は400組を超えており(*2022年4月時点)、活動拠点・大阪のみならず、全国から面談依頼が舞い込む。

    【クライアント】
    ・経営者、医療従事者(医師、看護師、薬剤師 etc.)、会社員(上場企業勤務、若しくは、年収500万円以上)

    【活動理念】
    ・自らの情報提供・プラン提案により、クライアントさんの【経済的自由】実現を初志貫徹でサポートする。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    https://michiamokota0421.com/profile