会社員の【年収600万円】は、果たして【高収入】なのか??

今日のテーマは、『会社員の年収600万円は、果たして高収入なのか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『あなたは、為されるがままに源泉徴収されていませんか??』と題して、

税金制度を理解しないまま、人生を過ごすことのリスクをご紹介しました。

 

 

本当に、そのことを感じます。

 

 

世界的ベストセラー作家、

 

 

『金持ち父さん、貧乏父さん』の著者であるロバート・キヨサキ氏は、

資産形成を進める上での最重要ポイントとして、『税金』を挙げます。

 

 

世界中を探しても、

 

 

『年率20%利回り確定』となる金融商品は存在しませんが、

現行制度で、株式の譲渡・配当益は『20%』徴収されます。

 

 

世の中に、

 

 

『短期間で、確実に儲かる投資』なるものは存在しませんが、

利益を上げれば、確実に徴収されるのが『税金』と言えます。

 

 

だからこそ、

 

 

前述したロバート・キヨサキ氏は、『経済的自由』実現の為には、

『税金』というポイントを無視して、実現不可能と述べたのです。

 

 

私自身、

 

 

初めて、この言葉に出会った20代前半の頃には、

その『真意』を理解することは出来ませんでした。

 

 

しかし、

 

 

『10年間』を超える投資経験を経た今では、経験則として、

彼の主張が、紛れもない『真実』だったと理解できています。

 

 

もしも、

 

 

読者の皆さんが、『経済的自由』を実現したいと考えるなら、

運用云々と並行して、『税金』も理解するよう努めて下さい。

 

 

もちろん、

 

 

きちんとルールを知るからこそ、有効活用できる訳ですが、

中長期的には、それが自らを守る手段にもなると考えます。

 

 

『前置き』が長くなりましたが、『本題』に入ります。

 

 

と言っても、今日のテーマとも関係性がありますが(笑)

 

 

元号・平成を象徴する『失われた30年間』の時を経て、

日本の高年収の1つの基準は『600万円』だそうです。

 

 

巷の婚活市場において、女性陣が男性に求める条件は、

『年収600万円』が1つの指標になっているらしい。

 

 

いや、詳しく知らんけど(笑)

 

 

確かに、

 

 

『年収400万円台』で長期低迷する国民平均年収において、

『年収600万円』という基準は、単純計算で1.5倍程です。

 

 

恐らく、

 

 

世間一般には『年収400万円台』で生活する方々も多いため、

年収が『1.5倍』になれば、生活に余裕が出ると考えますよね。

 

 

以前、

 

 

米国での調査結果だったと記憶しますが、凡ゆる年収階層でも、

人は、『プラス20%』の年収を求めると聞いた事があります。

 

 

そう考えれば、

 

 

確かに、『年収600万円』という基準は、多くの人にとって、

自身の年収から『プラス20%』した数字なのかも知れません。

 

 

『国境』というボーダーラインを超えたとしても、

『人間』の性は、大きくは変化しないと考えます。

 

 

それで、

 

 

1つの基準として取り上げてきた『年収600万円』ですが、

『源泉徴収制度』を考慮して、一体いくらになるでしょうか。

 

 

厳密に言えば、

 

 

『源泉徴収制度』というシステムは『所得税』の徴収制度であり、

会社員の方々が年始に入手する『源泉徴収票』に記載されるのは、

その前年に総支給額(年収)から差引かれた『所得税』総額です。

 

 

しかし、

 

 

言葉としての『源泉徴収』には、住民税・社保料も含まれており、

それらを総額すると、どの年収階層も相当額が徴収されることに。

 

 

もちろん、

 

 

それら(所得税・住民税・社会保険料)を算出する際には、

年収(額面総額)がそのまま使用される訳ではありません。

 

 

ご存知の方もいる通り、

 

 

『給与所得控除』『社会保険料控除』等、様々差し引かれますが、

『会社員』という立場の特性上、残存する金額はかなり高率です。

 

 

その結果、

 

 

私たち『事業主』という立場の人間とは、比較にならないほど、

『年収ベース』で比較した際、源泉徴収されることになります。

 

 

仮に、

 

 

『年収600万円』の会社員がいた場合、背景により異なりますが、

ざっくり、可処分所得(手取り)は『450万円』ほどになります。

 

 

想像したよりも、スケールが小さくなりますよね??(笑)

 

 

*日本の所得税は累進課税制度の為、年収ごとに少し異なりますが、

 ざっくり、支給総額(額面)から『25%』徴収と考えて下さい。

 

 

もちろん、

 

 

『年収600万円』の高収入(?)の人が勤める優良な会社には、

『賞与』の支給もあるでしょうから、年間4ヶ月分と仮定します。

 

 

そうすると、

 

 

手取りの『450万円』を、年間『16ヶ月』で割り算した際、

月額の利用可能額は、『約28万円』ほどと算出されて来ます。

 

 

なかなか、リアルな数字ですね(笑)

 

 

確かに、生きていくのに『カツカツ』という事はないでしょうが、

かと言って、『豊かな生活』がおくれる基準でもないと思います。

 

 

これが、2021年、日本における『リアル』です。

 

 

そして、日本人が『お金』から目を逸らしてきた賜物です。

 

 

そろそろ目を覚まして、『現実』に向き合って良いかも知れません。

 

 

日本国民が目を逸らす間は、状況が改善することはありませんから。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile