果たして、全額税方式の【最低保証年金】は成立するのか??

今日のテーマは、『果たして、全額税方式の最低保証年金は成立するのか??』です。

 

 

来週投開票の総裁選を前に、慌しくなって来ました。

 

 

と言っても、政治を語る気などさらさらありません。

 

 

基本的に、誰が総裁になっても変わらないと思うし、

日本国が抱える課題は、構造的なものだと感じます。

 

 

それでも、国民に与えられた『選挙権』は行使して、

その後、行われるであろう選挙は権利行使しますが。

 

 

冒頭、

 

 

このような導入にしたのは、河野太郎候補の公約に、

全額税方式での『最低保証年金案』が出てきたから。

 

 

言葉だけでは理解できない為、少しだけ説明します。

 

 

2021年現在、

 

 

日本国の公的年金制度はマックス『3階建』であり、

1階部分は、全国民が対象となる『基礎年金』です。

 

 

これに加えて、

 

 

会社員の方は『2階:厚生年金』が常設されており、

恵まれた方々は『3階:企業年金』すら存在します。

 

 

私たちの親世代、

 

 

日本が右肩がりで経済成長した時代、上手く機能し、

マックス受給の会社員は快適年金生活を送りました。

 

 

親世代に『会社員信仰』があることも、納得ですね。

 

 

しかし、

 

 

栄枯盛衰、良いことも未来永劫、続くことなど無く、

会社員であっても『年金神話』に陰りは見えますが。

 

 

話を戻すと、

 

 

今回『最低保障年金』の話題が対象としているのは、

1階部分の『国民年金:基礎年金』のみ受給対象者。

 

 

所謂、

 

 

『自営業』に代表される立場の方々ですが、彼らは、

最高で『月6.5万円』受給する資格があるのみです。

 

 

保険料を40年間納付した『満額受給』でこれです。

 

 

しかも、

 

 

上記の数字(月額6.5万円)は、現行受給者平均で、

将来的には、当然(?)減額されることが既定路線。

 

 

とてもじゃないけど『月6.5万円』は生活出来ない。

 

 

そこで、

 

 

河野候補は『最低保障年金』の概念を提唱しており、

年金受給者の『最低基準』の底上げに動いています。

 

 

仮に、実現すれば、該当する方々は拍手喝采ですね。

 

 

また、

 

 

『国家』の存在意義は、国民生活を守ることなので、

『道理』にも適った、素晴らしい活動だと考えます。

 

 

しかし、

 

 

『理想』と『現実』は大きな隔たりがあるのが常で、

この議論も、決して単純明快なものではありません。

 

 

そもそも、

 

 

現行の『年金制度』で受給額が減少している理由は、

受給バランスの変化から、財源が不足しているから。

 

 

正確には、

 

 

現時点、直ぐ枯渇するような状態にはありませんが、

将来を見据えたとき、減額せざるを得ない状況です。

 

 

にも関わらず、

 

 

『最低保障年金』の基準を新たに設定するとなると、

間違いなく、どこか『歪み』は発生することになる。

 

 

例えば、

 

 

最も潤沢な資金が眠る『厚生年金』の財源に着手し、

『最低保障年金』支給に充当してしまおうとしたり。

 

 

いや、

 

 

実は、この動き(厚生年金→国民年金)は、水面下、

既に、現実問題として、起こってしまっていますが。

 

 

『厚生年金保険料』は、源泉天引きの強制徴収の為、

会社員の方々からの原資確保が最も簡単・確実です。

 

 

しかし、

 

 

『最低保障年金』でも、あからさまにやり過ぎると、

流石に、温厚に飼い慣らされた会社員からも反発が。

 

 

そこで、

 

 

河野候補の提唱案は、『全額税負担』による導入で、

分かり易く言えば、国民一律『大増税』の実行です。

 

 

上手い話には、必ず『裏』があるものですね(笑)

 

 

勿論、

 

 

河野候補の提唱案も『善意』から出たものですが、

やはり、その敷き詰めは『地獄』に通じています。

 

 

仮に、

 

 

『年金制度改革』を、本気で実行するのであれば、

増税、保険料アップ、支給額ダウンの併せ技です。

 

 

しかし、

 

 

現実世界で実行すれば、国民からの反発は必至で、

直近の選挙戦では、大苦戦を強いられるでしょう。

 

 

只、本当の『根本解決策』はそれしかありません。

 

 

日本の『社会保障制度』には、簡単に解決しない、

センシティブな問題が、深く根ざしているのです。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降、

【リアル(大阪)/ オンライン】と並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■9/24(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/28(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■9/24(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/28(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile