日本国の【途上国化】は、既に【完了】してしまったのか??

今日のテーマは、『日本国の途上国化は、既に完了してしまったのか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『75年の時を経て、日本と米国の国力差は埋まったか??』と題して、

経済活動が回復しつつある米国と、我らが日本の対比をご紹介しました。

 

 

今から約75年ほど前。

 

 

凡ゆる点で、『勝算』など見当たらない状況において、

日本は『第二次世界大戦』開戦へと追いやられました。

 

 

当然、

 

 

多くの『天才』が存在していた大日本帝国においても、

勝てない戦という事は、百も承知だったと予想します。

 

 

決して、自ら望んで、突き進んだ訳ではないはず。

 

 

きっと、私たちに『想像し得ない理由』がありました。

 

 

ただ、

 

 

あれから、1世紀近くの『時間』が経過した2021年に、

当時のような、物理空間での『世界大戦』は起こりません。

 

 

確かに、

 

 

未だに、軍事力強化に予算を注ぎ込む海外諸国は多いですが、

それらを、現実世界で使用する事は間違ってもないでしょう。

 

 

実際にそんなことしたら、地球は、何回壊れても足りません。

 

 

21世紀以降、

 

 

世界の覇権争いは、『力にものを言わす』古典的手段ではなく、

『経済力』や『ミエナイチカラ』によって優劣が付けられます。

 

 

繰り返しますが、

 

 

中国が、米国本土に『大陸間弾道ミサイル』をぶっ放したり、

反対に、それを米国が、中国に向けて発射したりもしません。

 

 

そんな事したら、全てが、一瞬で『詰んで』しまいます。

 

 

効率的な戦い方を示す、『ゲーム理論』を展開する上でも、

『ゲームが、永続的に続けられる事』が前提条件ですから。

 

 

話を戻すと、

 

 

昨年、『新型コロナ・ウイルス』出現以来の経過を見ると、

両国(日本・米国)の国力差は、全く埋まってはいません。

 

 

一時、

 

 

覇権国・米国は『感染大国No. 1』の汚名を襲名しましたが、

その後、『ワクチン開発』での一人勝ちはご存知の通りです。

 

 

予めお断りしておくと、私自身、決して、

ワクチン接種『肯定派』ではありません。

 

 

かと言って、医療分野は専門領域外の為、

『否定派』というわけでもありませんが。

 

 

個人的には、自らが摂取することは気が引けますが、

摂取希望者の方々を、否定する立場にないという事。

 

 

ただ、『国力』を示す1つの指標としては十分と考えます。

 

 

昨日の記事中でも、

 

 

片や、ボールパーク来場者に無予約・無償提供できる環境と、

優先接種対象者にすら、行き渡らない『差』を紹介しました。

 

 

子どもの頃から、私たちが『先進国』だと思っていた国で、

『必要なもの』が手に入らないということがあるんですね。

 

 

仮に、

 

 

海外の先進諸国間も、同様に不足するなら仕方ないですが、

どうやら、実際の状況は、それとは異なっているようです。

 

 

『国家別:ワクチン接種ランキング』に準ずるものが存在しました。

 

 

国民全体『100人当り』の接種回数をランキング化したものです。

 

 

それによると、

 

 

ランキングトップは『イスラエル』『UAE』等のお金持ち国家で、

ワクチン開発能力は皆無ながら、獲得・購入能力は群を抜きます。

 

 

それに続くのが、

 

 

『米国』『英国』等、表向き、世界の覇権を握るワクチン開発国で、

100人あたり接種回数は、もう直ぐ『80回』を射程圏に捉える。

 

 

その他の欧州勢も、

 

 

前述の『上位グループ』からは、少し水を開けられているものの、

ドイツ、フランス等のそれも、『40回』付近を推移しています。

 

 

EU(欧州)全体の平均値も、同じような数字でしょうか。

 

 

その後は、

 

 

『エマージング・マーケット』に分類される面々が続きますが、

正直、最初は『日本』を除いたランキングと思っていたんです。

 

 

そうしたら、、、、。

 

 

最後の方に、『驚愕の事実』を突き付けられました。

 

 

日本における、100人あたりのワクチン接種回数は、

何と、OECD加盟国間で最下層に位置する『約3回』。

 

 

確か、

 

 

今回のワクチンは、複数回接種だったと記憶しますから、

国民全体の『1%程度』しか行き渡っていない計算です。

 

 

そら、メディアでも『足りない!』報道されますわな。

 

 

因みに、

 

 

日本と同水準の国家を見てみると、1つ上は『北マケドニア』で、

下位には『エスワティニ』『ガーナ』『ルワンダ』がつづきます。

 

 

すいません、、、、。

 

 

ランキング前後の国家名は、今、人生で初めて認識しました(涙)

 

 

決して間違って伝わって欲しくないのは、同水準の国々が、

国家として『劣っている』と認識している訳じゃないこと。

 

 

ただ単純に、1つの事実として、現在の日本が、

そのポジションに位置しているということです。

 

 

昨日(5月5日)、

 

 

米国・バイデン大統領は、ワクチン開発した製薬企業に対して、

その『特許権』を一時的に放棄する事への支持を表明しました。

 

 

現時点、

 

 

該当する製薬各社から反発もあり、本決まりはしていませんが、

背景には、『途上国』における供給不足が理由だとしています。

 

 

本当の意味での、欧米の『先進国』はある程度確保できたので、

『あとは、途上国にも恵んでやろうよ』という感じでしょうか。

 

 

G20は勿論、G7にも参加しておきながら、この様です。

 

 

日本国の【途上国化】は、既に【完了】してしまっているのか??

 

 

私たち日本国民も、その辺り、冷静に判断する必要があると考えます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile