『Japan nothing!』★

日本人の『金融鎖国』が続いている理由。

1コ前のblogでは、

内的な要因の『金融業法』『保険業法』を挙げました。

もう1コ、外的な要因があります。

それが、『Japan nothing!』

『金融ビッグバン』が起こったのが1999年。

すでにバブル期から10年近く経過後のことです。

今は、それから更に15年経過。

その間に、日本と海外諸国との富の『差』は、

明らかに埋まりつつあります。中には逆転したエリアも。

1999年、僕の中3当時の記憶を辿ると、

中国はまだ『眠れる獅子』でした。

韓国『ウォン』と日本『円』の貨幣価値の差も、

かるく10倍以上の開きがあった。

東南アジアの国々なら、それ以上です。

その当時の感覚があるので、

最近は海外に旅行しても『安っ!』とはならない。

また最近の報道では、

資産100億円を越える人が、中国では2万人近く居るのだとか。

さすが中国、『パイ』の大きさが違います。

そらヨドバシで炊飯器とウォシュレット買い占めるわ(笑)

また、インドの金持ちも桁が違います。

とある地方都市に行ったときのこと。

丘の上にほんまに『お城』のような大豪邸があります。

地元の人に『あれは何だ?』と聞くと、

その土地代々の大地主の家だとか。

驚いたのは、

その都市まるごと『テナント』のような形で、

『家賃』収入がその『お城』に流れ込むのだとか。

*もしかしたら、『売上』の一部も??

これ、100万人都市での話です(笑)

インドの人口も10億人越えてます。

こんな人達が少なからず居るわけです。

結局、何が言いたいかと言うと、

海外の投資会社も中国、インドで商売してた方が割がいいということ。

さらに彼らは『英語』も出来ます。

少なくとも、日本人より(笑)

僕達はみんな、日本人は金持ちやと思ってます。

それは、ある程度は正しいです。

ただ、『思ってる程ではない』ということ。

あまり『おいしいお客』ではない上に、

『保険業法』と『金融業法』でヤイヤイ言われる。

これは、まったく好みでない女の子に、

『さっきから私のことジロジロ見て!』と言われるのと同じ。

海外の投資会社からしたら、

『まったく見てへんわ!』みたいな(笑)

ということで、

日本人の間口は少しずつ狭まりつつあります。

もしかしたら、来年始動の『マイナンバー制度』で、

その動きはさらに加速するかも知れません。

『何か行動起こしたいな』と感じる方は、

早めにスタート切られることをオススメします(^_^)★

299

16 件のコメント