有事の際の『日本円』★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

年明け早々、いろいろバタついてますね(^_^)

中国の景気減退不安から世界的な株安。

原油もついに、一時『1バレル=30US$』を下回りました。

日経平均は、ここにきてやっと反発。

『過度に怯えすぎ』という経団連会長の言葉は、

とっても的確ですが、投資家本人達は冷静ではいられません。

暫く、日替わり相場になるんちゃうかな。

で、年明けから若干の『円高傾向』が続いてますね(^_^)

一時、『1US$=116円台前半』の値もつけました。

実に、1年以上ぶりの水準まで戻った。

それも、ここ2週間ほどでの話です。

世界的に『●●ショック』が噂される時、

いつも『日本円』が買われています。

この理由、皆さん知ってますか??

大きく、2つあります。

①『日本円』の信用力が高い。

現在、世界中の通貨で、

『金本位制度』を維持できている通貨はありません。

すべての通貨が、

『信用』という『共同幻想』の上に成り立っている。

皆が集団で『価値がある!』と考えるから、

あの『紙切れ』でご飯食べたり服買ったり出来ます。

そんな状況の中でも、

『日本円』の信用力は世界で図抜けてます。

じゃあ、世界は何を評価しているのか??

それは、『日本円』という通貨が、

『日本人の労働』に裏付けされた通貨だからです。

日本のGDPは現在約『5兆US$』弱。

しかも、このほとんどが、

実体経済の『労働』で生み出されてます。

人口規模が大きいこともありますが、

それを差し引いても抜群の生産力です。

これだけ確たる根拠がない世界の通貨状況の中で、

『日本円』は、この『労働』による裏付けがあるのです。

世界での取引量は『US$』や『ユーロ』に劣りますが、

それでも『SDR決裁通貨』のブランド通貨です。

『●●ショック』時は、

一時避難所として選ばれるのも納得です。

②『投資』されてないから。

これも大きな理由です。

昨日、『原油安』の話の時に、

『原油デリバティブ』の話をしました。

『原油』に限らず、

今、世界にはありとあらゆるものの『デリバティブ』が存在します。

そして、それは投資銀行によって、

『信用創造』のもとに取引されている。

言ってしまえば、

想定元本を遥かに越える量の取引をし続けています。

それを、いかに上手くコントロールするか。

それが彼らの腕の見せどころです。

ただ、経済不安なんかが出てくると、

それらのコントロール能力を不安視する方も、

当然のことながら出てきます。

もしかしたら、一気に『価値』が揺らぐんじゃないかと。

そこで、状況が落ち着くまでは、

一時的に『価値』を目減りさせないように、

『日本円』に避難して市場を伺う投資家が多いのです。

今年の当初から、

『2016年は混沌』と言い続けています。

その場合、この若干の円高傾向は、

暫く続くことになるかも知れない。

『人民元』も、常に不安定な状態ですよね。

もしそうなったとしたら、

僕個人にとっては、この傾向は『恩恵』です。

まだまだ個人的には仕込み時なので、

『底値』『円高』の状況は長引くほど良い。

身近な日本市場で言うたら、

2013~2014年にかけての『アベノミクス』です。

あのとき1番儲けた人達は、

2008年リーマンショック後の底値のとき、

しこたま仕込み終わってた方々でしょ??

どうせ、また景気は巡ってくるからね★

ジム・ロジャーズも言うてます。

『何よりも、歴史を勉強せよ』と(^_^)

気長に、いきましょう★

549

10 件のコメント