『国営サウジアラムコ』、株式上場!?

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

CNNで、興味深いニュースが出てました。

『国営サウジアラムコ、株式上場か』

世界最大の石油企業である、

『国営サウジアラムコ』が民間投資の受け入れを検討していると言います。

現在、世界の原油生産量の12%、

確認済の埋蔵量では世界の15%を占める巨大企業です。

なぜ、そんな事態になったのでしょうか??

背景には『サウジアラビア』の財政問題があります。

石油関連収入は、この国の財源の『75%』を占めます。

そんな中、今回の世界的な『原油安』です。

過去18ヶ月の間に、原油価格は、

『1バレル=100$超』から『1バレル=30$超』に下落しました。

実に、約『70%』の価格下落です。

単純に計算してみると、

『75% × ▲70% = ▲52.5%』

実に、サウジアラビアは、

国としての収入の『52.5%』を失ったことになります。

絶望的な数字ですよね。

日本でもしこれが起こったら、

どんな状況になってしまうんやろ??

既に皆さんご存知かもしれませんが、

この世界的な『原油安』の理由も整理しておきます。

理屈は単純です。

『供給量が、需要を上回っているから』

それだけです。

どんな『物』でもそうですよね。

『欲しい人』が多かったら、価格は上がる。

『欲しい人』は少ないのに大量供給なら、下がる。

今回の『原油』の場合は、

双方向からこの動きを加速させています。

①世界の『需要』は、減少している。

これも、先日から言ってる『混沌』が原因です。

世界全体として、暫く景気の先行きが思わしくない。

景気が良くて、バンバン物建てて開発したり、

大量消費で物がどんどん売れて作られるとき、

『原油』は要りますよね。

その動きが、今は鈍化しています。

世界の需要は、今は一時的に減ってる。

②逆に、『供給量』は増えてる。

これも、今回の大幅下落の要因です。

『シェール革命』

言葉は、聞いたことある人も多いでしょう(^_^)

昨今、アメリカを中心に、

新しいエネルギー採掘技術が開発されました。

今まででは産出出来なかった、

地下深い岩盤のシェール層(頁岩)から原油や天然ガスを採掘する技術。

これが、現在では、

日量『200万バレル』も採掘されているそう。

実に、世界生産量の15%ほどにのぼります。

技術開発当初の10年前から、10倍以上に跳ね上がりました。

そして、その採掘国のトップが、

世界トップの石油消費国『アメリカ』です。

シェールオイル全体の『80%』を、

『アメリカ』が産出していると言われます。

これを受けて、アメリカは、

石油『輸入国』から『輸出国』へと変貌しつつあります。

まさに、『エネルギー』の主導権を、

『中東』もっと言うなら『イスラム』から取り戻しました。

また、本来は価格調整のためにも、

『減産』の意思決定が必要なOPECも、

今回はまったく機能していない状況です。

『想定外』の事態に慌てていることと、

各国とも『シェアを奪われたくない』という、

短期的視点が先行しているものと思われます。

そんなこんなで、サウジアラビアだけでなく、

今まで『オイルマネー』で潤ってた国の財政は厳しい。

今回の『サウジアラムコ』の場合、

もし仮に上場した場合の時価総額は、

『数兆US$』と試算されています。

実に、全サウジアラビア企業の合算を上回り、

『アップル』さえ凌駕する超巨大企業です。

しかし、これだけの巨額IPOとなると、

サウジアラビアの市場で本当に可能なのか、

システム上での疑念もあるようです。

世界を騒がしている『原油安』。

今、1つの歴史の転換期に来ているようです(^_^)★

547

8 件のコメント