おぼろげに、見えてくるもの★

最近、『お金』の話ばかりしてます★

『経済的自由』&『ライフワーク』実現blog★

やっと名前に追い付いてきました(笑)

ここ数日でのblogの話を整理します。

僕が言うてる、大きな要点は2つ。

①稼ぐ能力では『日本』は優れている。

日本人は実際に『お金持ち』。

②『日本』の財政自体は、火の車、、、、

ということにしてる!政府は!笑

実際、確かに『一般会計』だけ見たら壊滅的です。

これは、一般家庭で見たらわかりやすい。

毎月の『稼ぎ』以上使ってしまう、『浪費体質』がついてしまってる。

少し、話逸れました。

上の2つの事実、『矛盾』してませんか??

一方で『日本』はお金持ちとか言うてて、

もう一方では『日本』の財政は火の車と。

ここで、多くの日本人は『思考停止』です(笑)

今日は、井上耕太がわかりやすく説明します(^_^)笑

①日本人は『お金持ち』

これは、実際にそうです。

『今の日本はバブル期よりお金持ち』、

皆さんこう言われて、すんなり納得できますか??

僕が物心ついた頃には、

すでに『バブル』は終焉に向かってました。

まぁそもそも、岡山の地方都市にいてた耕太少年には、

どっちにしろ関係がなかったと思いますが(笑)

でも、経験ある方々から聞いたら、凄いですね!

ほんまに、日本の社会全体が、

今では考えられないほど大散財です。

世界中で日本人旅行客が溢れて、

ハワイやNYの不動産も日本人が買い漁ったとか。

まさに、今の中国ですよね(笑)

で、肝心の『日本の金持ち度』の話ですが、

日本の『経常収支』1981年以降ずっと『+』です★

これ、『収入過多』の状態。

羨ましいですよね(笑)

ひと昔前まで、日本が『貿易赤字』に陥り、

『このままでは日本が終わる!』とか、

的外れなこと言うてる人いました。

その頃のマイナス額、確か8000~9000億円。

1兆円にはタッチしてなかったと思います。

でかい金額に感じるので、『ヤバイ!』と考える人もいますが、

日本のGDP500兆円に比べたら『0.2%以下』の数字です。

更に、日本の収入は『貿易』だけじゃないわけです。

個人で見たら理解しやすいですが、

『給与所得』『事業所得』『不動産所得』『譲渡所得』etc.

『金融資産』の運用益なんかもあるよね。

で、『貿易赤字で日本が終わる』理論の人は、

1つの収入しか見てないわけです。

『譲渡所得マイナスやから、俺終わりや。

まぁ全体でみたらプラスやけど』みたいな(笑)

これ、おかしいのは皆さんわかりますよね??

もう1度言います。

日本は、1981年以降『経常収支』はずっと『+』です。

『失われた20年』の間も、ずっと『お金』は貯まっていってます。

これは、『個人』『法人』が抱えるお金です。

対して!!

②『日本』の財政は火の車。

これ、『政府』の話です。

彼らが、国民から集めた『税金』で、

うまいことやりくり出来てない!ということ。

『国会議員』『官僚』『公務員』側の話です。

僕らとは、対極の人達の話。

つまり、同じ『日本』という言葉が使われますが、

実は『国民』『企業』はお金持っててため込んでる。

対極の『政府』はお金がないから、

どうにかして『国民』『企業』から取れないか狙ってる。

これだけの話。

イメージ戦略で同じ『日本』という単語を使い、

わざと国民にわかりにくくしてます。

企業経営してる方で、

こんなことに気付いてない人はいません。

『国家』というのは、結局は『徴税システム』です。

残念ながら、これは歴史上見ても明らか。

彼らに簡単に騙されないことです。

それには、少しずつ勉強すること。

見抜く力がついて、実際に動いて『行動』する人のみ、

解決策を見つけることが出来ると思います(^_^)★

320

13 件のコメント