【年収300万円未満】の人間は、【草食化】を避けられないという末路。

今日のテーマは、『【年収300万円未満】の人間は、【草食化】を避けられないという末路』です。

 

 

時間も遅くなってしまったので、少しだけ。

 

 

今日から、『12月』がスタートしましたね。

 

 

遂に、波乱が続いた『2020年』も、残り1ヶ月になりました。

 

 

11月後半まで、例年よりも『暖冬』が続いたこともあり、

『自覚』が無かった方も、多いのではないでしょうか??

 

 

通常であれば、

 

 

このシーズンは、クリスマス・モードという雰囲気ですが、

『新型コロナ・ウイルス』の感染が再拡大する状況もあり、

いつもの『12月』よりイベントは少な目かも知れません。

 

 

それでも、

 

 

ライトアップされた街中の街路樹等、幻想的な風景を見て、

『恋愛モード』が高まっている方も多いかも知れませんね。

 

 

そこで、

 

 

古今東西、人類が大好きなテーマの1つは『恋愛』ですが、

東京大学の研究チームから面白いデータが公表されました。

 

 

今日のタイトルに採用させて頂いたのも、それです。

 

 

【低所得(1つの基準で年収300万円未満)】の人間は【草食化】する。

 

 

感覚的に、実感している方々も、多いかも知れませんね。

 

 

予めお伝えしておくと、こういったテーマにありがちな、

『低所得の男性は』という話題では、今回はありません。

 

 

流石、日本の最高学府『東京大学』。

 

 

2020年の現代において『ジェンダーレス』を体現しており、

『低所得』の方々は『男女共』草食化することを示しています。

 

 

簡単にご紹介すると、

 

 

日本人の男女、18歳から39歳を対象に行われたこの調査ですが、

対象者の【収入】と【交際傾向】の相関性について調べたものです。

 

 

調査を通して、

 

 

『1万人』を超える被験者を分析した結果、

『交際に関心がない』と回答した人間の内、

『76.4%』を【年収300万円未満】の人間が占めました。

 

 

また、

 

 

『未婚で交際中(59.0%)』『既婚(23.4%)』の順に、

【年収300万円未満】の占める割合はどんどん減少します。

 

 

反対に、

 

 

【定職についている】の質問に、『YES』と回答した人の割合は、

『交際に関心がない(42.6%)』『未婚で交際中(63.2%)』

『既婚(85.8%)』と、完全に『反比例』する対照的な結果に。

 

 

純愛映画では、

 

 

『恋愛は、お金じゃない』と表現されることも多いですが、

残念ながら、『現実世界』はそうはなっていないようです。

 

 

人間誰しも、『霞』を食べては生きていけません。

 

 

仮に、

 

 

どれほど純粋に愛し合っている2人を目の当たりにしても、

パートナーが『甲斐性ない(収入が低い)』人間であれば、

快く『交際(結婚)』認める親御さんも少ないと考えます。

 

 

そして、それが『正解』です。

 

 

この世界は、決して『お金がすべて』ではありませんが、

『お金』を持たないと、何もできないことも事実なので。

 

 

話を戻すと、

 

 

【年収300万円未満(低い収入)】の人間が、

【草食化】する理由は大きく2つ考えられます。

 

 

1つずつ、挙げていきますね。

 

 

①『異性』から見て、『魅力』が低くなる。

 

 

この例は、『男性』にフォーカスして考えると分かり易いですね。

 

 

一般的に考えて、比較対照する他項目が均衡する場合、

『高収入』の男性に惹かれる女性は、多いと考えます。

 

 

彼女たちにとって、

 

 

『高収入』の男性と交際することは、根源的な部分では、

自らの『生存確率』を高める『最適化戦略』と言えます。

 

 

意識的にせよ、無意識にせよ、このポイントを無視する女性は存在しません。

 

 

何故なら、このポイントを思考回路から外してしまうようでは、

種の生存競争の観点から、簡単に『自然淘汰』されるからです。

 

 

原始時代で考えると、

 

 

『収入が高い男性』というのは、単純に『マンモス』を多く獲り、

『食料(生存の為の栄養源)』を多く持ち帰ってくれる人間です。

 

 

自然な『思考回路』で考えて、そのような『男性』が、

異性から『モテない』という現象は、起こり得ません。

 

 

また、

 

 

『失われた30年』をひた走り続ける、現代日本においては、

この項目が『女性』の評価ポイントとしても見られています。

 

 

と言うのも、

 

 

総じて『男性』の狩能力(収入)が低く抑えられる現代では、

『女性』にも、その能力を求めざるを得ない環境にあるため。

 

 

『2世代』前であれば、

 

 

『女性』であれば、交際において『収入』の項目は不問でしたが、

現代社会では、『男性』サイドも最低限の基準として見ています。

 

 

なかなか、シビアな社会になって来ました(笑)

 

 

②不安定な『雇用』『収入』を理由に、交際・結婚を諦めている。

 

 

こちらについては、そもそも論ですね。

 

 

異性と交際して、お付き合い重ねる場面でも、

やはり、『お金』の問題は避けて通れません。

 

 

デートをすれば、当然、何事も『お金』は二人分かかりますし、

『外食』が増えれば、独り身よりも確実に『支出』は増えます。

 

 

増して、

 

 

結婚して『子供』ができようものなら、その傾向は更に加速し、

自らの生活で精一杯という人間が、対応できるはずありません。

 

 

その結果、

 

 

【年収300万円未満(低所得)】の方々は、無意識的にも、

交際・結婚を諦めている可能性すら、浮き彫りになりました。

 

 

日本の『少子化問題』も、決して一筋縄には行かず、

解決に至るその道程は、『前途多難』と言えますね。

 

 

今日の話は、1つの『読みもの』として参考にして頂けたら幸いです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile