新型コロナ・ウイルスとは、【覇権奪取】の演出だったのか??

今日のテーマは、『新型コロナ・ウイルスとは、【覇権奪取】の演出だったのか??』です。

 

 

以前にも一度、この話題について触れた記憶があります。

 

 

『果たして、コロナ危機とは何だったのか??』、と。

 

 

日本国内では、

 

 

一足先に、緊急事態宣言が解除された関西圏、中京圏につづいて、

来週には、いよいよ首都圏でも、宣言解除が規定路線で進みます。

 

 

ただ、

 

 

『緊急事態宣言』の解除が、そのまま経済回復には直結せず、

『経済循環』が戻るのは、しばらく、先の話になりそうです。

 

 

実際、

 

 

私自身、『新型コロナ危機』前後で、生活スタイルは激変し、

『外食する』という概念が、殆ど、無くなってしまいました。

 

 

以前は、

 

 

連日、クライアントさんと会食に明け暮れていましたが、

その頃の記憶も、今となってはおぼろげに霞んでいます。

 

 

変わりに、

 

 

世間的にも、『オンライン面談』が市民権を得たために、

夜の時間帯、普通にアポイントが埋まることもしばしば。

 

 

原則、

 

 

直接お会いして、対面でのコミュニケーションを好みますが、

少なからず、『仕事のスタイル』にも影響を受けていますね。

 

 

恐らく、

 

 

『会社員』という立場の方々も、直近1年間の短期間のうち、

同じような『大きな変化』に直面している方々もいますよね。

 

 

もしかしたら、

 

 

『職業』としての存在価値に関わる『メッキ』も剥げてしまい、

近い将来、『雇用』自体が脅かされる方々もいると想像します。

 

 

歴史の教科書にも掲載されるレベルの『歴史の転換点』、

しっかりと向き合い、一緒に乗り越えていきましょう。

 

 

もう少しだけ、『前置き』を続けます。

 

 

一時期、

 

 

『ワクチン摂取』がスタートし、早期収束も期待されましたが、

世界全体として、そこまで、ものごとは簡単には進みませんね。

 

 

欧州では、

 

 

スペイン、イタリアに続き、ドイツ、フランスにおいても、

リスクコントロールの観点から、ワクチン摂取が一時中断。

 

 

ここ最近、

 

 

前述、欧州主要4カ国では、ワクチン摂取者に対して、

重篤な血栓症が発生する事例の報告が、相次ぎました。

 

 

それでも、

 

 

EMA(欧州医薬品庁)は、ワクチン支持の方向性を示しており、

重篤な副作用報告は、摂取総数と比較して極少数としています。

 

 

ただ、

 

 

『感染リスク』を回避する目的で、ワクチンを摂取して、

血栓症により『生命』を脅かされたのではたまりません。

 

 

欧州主要4ヵ国でのワクチン摂取中断も、やむなしです。

 

 

もともと、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』発生当初から、山中伸弥教授も、

専門家ではないと前置きして、次のように述べていました。

 

 

『新種ウイルスに対するワクチン開発は、通常であれば、

 少なくとも、2年間から、3年間ほど期間を要する。』

 

 

それに対して、

 

 

『1年未満』の急ピッチでワクチン開発が進められましたから、

少なからぬ『副作用』『有害事象』は、折り込み済みでしょう。

 

 

私自身は、摂取したくありませんが。

 

 

2020年、

 

 

当初の予定通り開催できず、史上初の延期となった『東京五輪』ですが、

2021年3月後半に突入した現在でも、未だ、開催は不透明ですよね。

 

 

先日、

 

 

海外からの観客を制限して開催する報道も出ていましたが、

現状を見ると、それすらも、希望的観測のように映ります。

 

 

兎に角、

 

 

新規感染者数、重篤者数とも、数字上は落ち着いてきましたが、

『経済循環』が回復するのは、暫く時間を要するという事です。

 

 

しかし、

 

 

まだまだ、世界経済が『新型ウイルス危機』の最中にある一方、

唯一、『実体経済』として堅調さを取り戻す国が出て来ました。

 

 

ここまでの話の展開的に、皆さん、お察しが付きますよね。

 

 

そうです。

 

 

新型ウイルス問題で、本来、震源地であるはずの『中国』です。

 

 

本日付、

 

 

スイス・チューリヒに本拠を置く、スイス最大の投資銀行『UBS』は、

2021年内、中国国内のGDP成長率を『9%』へと引き上げました。

 

 

この数字は、

 

 

約10年ぶりとなる『高成長率』で、停滞する米国経済を尻目に、

経済規模観点での『米中逆転』が、一層、現実味を帯びています。

 

 

仮に、

 

 

中国国内のインフラ整備、不動産市況が鈍化傾向にあったとしても、

『国内消費』の増加分だけでも、実質10%を回復すると強気です。

 

 

また、

 

 

『輸出拡大』と並行して、企業の『設備投資支援』に影響が及べば、

2021年内、さらなる飛躍も、射程圏に入ってくると見られます。

 

 

実際、

 

 

ロックダウン(都市封鎖)していた昨年(2020年)と比較して、

2021年1ー3月のGDPは『19%』もアップすると言われます。

 

 

まさに、『一人勝ち』という言葉がぴったりですね。

 

 

私自身、

 

 

日頃から、『陰謀論』めいた話題を好むわけではありませんが、

基本的に、世界の『転換期』は何かしら思惑が絡むと考えます。

 

 

実際、

 

 

2020年、世界に『新たなウイルス』が突如として出現し、

医療現場だけでなく、『世界経済全体』を混乱に陥れました。

 

 

その結果、

 

 

『70億人』を超える、人類全体の『生活スタイル』が一変し、

『価値観』までもが、ドラスティックに変化してしまいました。

 

 

この方法以外に、『やり方』はありませんでしたよね。

 

 

そして、

 

 

前述の通り、震源地『中国』はいち早く経済回復して、躍進し、

『大変動』があったことにより、投資家の資産は増加しました。

 

 

私は、決して、『中国』が単独で仕掛けたとは考えていません。

 

 

様々な、世界規模での『利害関係者』の思惑が交錯する形で、

このような『覇権奪取』のイベントが演出されたと考えます。

 

 

単純に、自然発生したと考えるのは、完全なる『お人好し』です。

 

 

世界は、そう考える人の想像よりも、『人』の力で動いています。

 

 

『資産形成』を進める上でも、時代の流れを読み解く『先見性』と、

イベントに対して、その背景を窺い知る為の『洞察力』が必要です。

 

 

あなたは、『経済危機』を見抜くことが出来るでしょうか??

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■3/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■3/26(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■3/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■3/26(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile