【コロナ禍】で起きた【価値観の変化】に、順応できていますか??

今日のテーマは、『コロナ禍で起きた価値観の変化に、順応できていますか??』です。

 

 

本日から『4月』のスタート。

 

 

世間一般的には、新たな『期』のスタートでもありますね。

 

 

ただ、

 

 

私自身、1日だけ跨いで『夢の時間』を過ごさせて頂きました。

 

 

2年ぶりに戻ってきた、春のセンバツ高校野球、

甲子園大会が、本日『決勝戦』を迎えた話です。

 

 

先月3月19日にスタートしてから、雨天順延もあり、

ちょうど『2週間』の開催スケジュールとなりました。

 

 

直近2週間は、ワクワクしながら過ごしましたね(笑)

 

 

もちろん、

 

 

仕事も、完全にストップしていた訳ではないのですが、

大会スケジュールを考慮し、最大限調整していました。

 

 

しかし、

 

 

コロナ禍ということもあり、球場への入場者数は制限されて、

チケットは事前のネット販売分で終了し、当日券販売は無し。

 

 

当初、

 

 

現地(甲子園)での観戦は、叶わないかと思われましたが、

雨天順延が2日間あったことが、私には幸運になりました。

 

 

昨日の準決勝、そして、本日の決勝は現地観戦することができ、

私自身、『約2年ぶり』となるリフレッシュ期間となりました。

 

 

また明日から、仕事も『本格稼働』します。

 

 

それで、

 

 

2021年、『春のセンバツ高校野球』全体を観戦していて、

明らかに、『価値観の変化』を感じる場面が多々ありました。

 

 

結論から言います。

 

 

『エース投手』が投げない(登板しない)という選択肢が、

指導者の中にも、高校生本人の中にも、常識になりました。

 

 

これは、

 

 

野球経験者は理解できますが、『天変地異級』の潮流変化です。

 

 

例えば、

 

 

準決勝で敗退してしまった天理高校・達孝太投手などは、

決勝のかかった試合で、1球も投げずに終焉を迎えます。

 

 

他にも、

 

 

同じく準決勝で敗退した中京大中京高校・畔柳投手や、

大会No.1と称された、市立和歌山・小園投手なども、

先発することなく、試合中盤から登板して敗戦します。

 

 

そして、

 

 

本日開催された決勝戦でも、東海大相模高校は、

大黒柱・石田投手を温存したまま試合スタート。

 

 

現地観戦していた感じでは、試合展開によっては、

そのまま、登板無しで終わる気配すら感じました。

 

 

*今回チケット入手できた席が『1塁側内野特別席』で、

 東海大相模ベンチの真裏、選手の雰囲気も伝わります。

 

 

経験者じゃなかったら、理解できないかも知れませんが、

これ、高校野球において『有り得ない』現象なんですよ。

 

 

大前提として、

 

 

『高校野球』を経験した人間なら理解できると思いますが、

私たち選手は、『甲子園』に少なからず洗脳されています。

 

 

子供の頃から、

 

 

その聖地で試合をすることだけを夢見て、練習に明け暮れて、

『10年』を超える時を経て、『一握り』が到達できる場所。

 

 

むしろ、

 

 

『聖地・甲子園』という目標がなければ、厳しい練習に耐えて、

『高校野球』をやること自体の意味も見出せないかも知れない。

 

 

その中で、

 

 

『甲子園大会:優勝』は、全国の高校球児の悲願であって、

それを目前にして、エースの登板回避などは有り得ません。

 

 

実際、

 

 

過去には、試合中に『骨折』しながらも登板し続けた、

旧制滝川中学校・別所毅彦さんの事例などもあります。

 

 

他にも、

 

 

野球経験者の中で有名な話題は、沖縄水産・大野倫投手で、

当時、沖縄県勢初制覇を目指して773球を投げ抜きます。

 

 

その後、

 

 

大野倫さん自身、大学を経て、プロ野球選手になりますが、

この時の無理が祟り、大学以降は投手生命が絶たれる事に。

 

 

大野投手自身、

 

 

当時から、その『リスク』は理解しながら投げていたようで、

後のインタビューでも『甲子園優勝』の執念を語っています。

 

 

それぐらい、『甲子園』はヤバいものです。

 

 

世の中には、

 

 

『大阪桐蔭高校』など、常軌を逸する優勝常連校もありますが、

経験者の一般常識では、一度でも参加できたら一生語れる(笑)

 

 

それが、

 

 

今回、『コロナ禍』での1年間の空白期間を経て、

明らかな『価値観変化』が起きたと実感しました。

 

 

当然、

 

 

優勝した『東海大相模高校』の中に、優勝が決した瞬間、

大号泣した選手がいるように、目指すべき目標ではある。

 

 

しかし、

 

 

そもそも、彼らは、昨年(2020年)の1年間を通して、

『甲子園』の存在しない高校野球生活を経験してしまった。

 

 

それ故、

 

 

良い意味で、『甲子園』という洗脳から解き放たれて、

『自分が野球をする意味』を考えたのだと想像します。

 

 

もちろん、

 

 

だからと言って、『甲子園大会』が不要という訳ではなく、

これからも変わらず、高校球児にとっては『聖地』のまま。

 

 

実際、

 

 

全国高校野球選手権が『明石トーカロ球場』に変更されたら、

全国の野球人口は、高校生だけに限らず激減すると思います。

 

 

球場ランク云々ではなく、『明治神宮球場』でも同じことです。

 

 

『甲子園』という球場は、人を魅了する『魔力』が存在します。

 

 

しかし、

 

 

それが『存在しない』状況で、1年間という時を過ごすことで、

高校野球に関わる全ての人の『価値観』が大きく揺らぎました。

 

 

そして、

 

 

決して『高校野球』に限った話ではなく、『コロナ禍』を経て、

『価値観』の変化は、日常生活のあらゆる面で起こっています。

 

 

顕在化するのは、もう少し先かも知れませんが。

 

 

皆さん、その『潮流変化』に、順応できていますか??

 

 

私自身、まだまだ、完全にはアジャスト出来ていません。

 

 

移りゆく『時代』の中、変化する状況を敏感に察知して、

新たな『価値観』に順応する能力が、求められています。

 

 

個人的に、それを強く感じたのが『直近2週間』でした。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile