世界市場に逆行する【日銀方針】に、10年前の【悪夢】が蘇る。

今日のテーマは、『世界市場に逆行する日銀方針に、10年前の悪夢が蘇る』です。

 

 

『日本銀行』の政策方針が、世界市場と逆行します。

 

 

現時点、

 

 

未だ『日本円』の大幅な値崩れは起きていませんが、

直近半年から1年間、急速に円安が進む懸念が浮上。

 

 

理由は、

 

 

海外先進諸国が『緩和縮小』へと歩を進めていく中、

未だ、『緩和継続』の姿勢しか示せていない事です。

 

 

実際、

 

 

オーストラリア準備銀行は、本日開催された理事会で、

『週40億豪ドル』へと国債購入の減額を正式に決定。

 

 

直近、

 

 

デルタ、ラムダ、ミュー等変異株の感染拡大が続く中、

先送りするとの見方が強まっていた状況での決断です。

 

 

ロウ・中央銀行総裁は、

 

 

変異株拡大は『経済回復』を減速させると認めつつも、

それは、経済回復を脱線させるものではないと、一蹴。

 

 

この発表により、

 

 

BIS(国際決済銀行)算出の『名目実効為替レート』は、

対豪ドルとして、3年ぶりの円安となる数字をつけます。

 

 

また、

 

 

豪州に限らず、海外先進諸国間で足並みは揃いつつあり、

その事が、日本の置いてけぼり感を、より一層強めます。

 

 

この潮流変化に、

 

 

真っ先に方向性を示したのは、世界の覇権国『米国』で、

FRB(連邦準備銀行)は、年内にも緩和縮小開始を示唆。

 

 

しかし、

 

 

ここに来て、ECB(欧州中央銀行)も検討速度を速めて、

最近では、FRBより先に動く可能性すら出て来ています。

 

 

更に、

 

 

英イングランド銀行も『緩和縮小』の意見が優勢となり、

カナダに至っては、量的緩和縮小がスタートしています。

 

 

この中で、

 

 

依然、『日本銀行』は緩和継続の方針を打ち出しており、

今回も、海外先進諸国の足並みとは『逆行』することに。

 

 

もしも、

 

 

上記計画がそのまま進行すれば、需給バランス観点から、

緩和縮小を実行しない『日本円』が相対的に弱まります。

 

 

この状況(世界の潮流と逆行)は、10年前と同じです。

 

 

2010年前後、

 

 

世界市場は『サブプライム危機』からの経済回復を急ぎ、

各国協力のもと、協力に『金融緩和』を押し進めました。

 

 

しかし、

 

 

当時の白川方明・日銀総裁は、この流れを追随する事なく、

日本国だけが、強烈な『金融引き締め』を続けていました。

 

 

その結果、

 

 

ご存知の通り、1米ドル=80円台の強力な円高が進行し、

国内経済循環は回復どころか鈍化して、ガラパゴス状態に。

 

 

その後、

 

 

総裁交代と共に、歩調を合わせて『金融緩和』しますが、

明らかに出遅れしまった損失を、取り返せませんでした。

 

 

この時、

 

 

後追いで、強力金融緩和を進めた黒田東彦・総裁ですが、

現時点は、『バズーカ』の停止時期を見失っていますね。

 

 

何故か、

 

 

辛うじてアジア圏の先進国と称される(?)日本ですが、

この辺り手綱の切り方は、世界の潮流と常に逆行します。

 

 

予め断っておくと、

 

 

『円高』若しくは『円安』が進行すること自体としては、

長期的な視点で見れば、一概に『善・悪』は言えません。

 

 

何れにせよ、

 

 

現代版:資本主義経済が支配する社会は、既存の通貨は、

絶対値として『緩やかなインフレーション』が基本です。

 

 

しかし、

 

 

今回のように、海外先進諸国との足並みが逆行する形で、

急速進行するであろう『為替』の変化は注意が必要です。

 

 

何故なら、

 

 

私たちの生活は、海外諸国との取引の上に成立しており、

急激な相対的価値変化に対して、大きく影響を受けます。

 

 

実際、

 

 

年内残り4ヶ月間、対米ドル『5円』の円安進行すれば、

燃料等を筆頭に、生活コスト増大は免れ得ないでしょう。

 

 

奇しくも、当時とは『正反対』と言えるロジックですが、

10年前の『悪夢』が、眼前ににチラつき始めています。

 

 

気候的には、最も過ごしやすい季節に入って来ましたが、

経済観点では、注意が必要な時期に突入しつつあります。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降、

【リアル(大阪)/ オンライン】と並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■9/24(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/28(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■9/24(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/28(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile