あなたは、仕事に【機械人間化】して取り組んでませんか??

今日のテーマは、『あなたは、仕事に機械人間化して取り組んでませんか??』です。

 

 

昨日、一昨日と続けて『会社員』の方々にとっては、

いや、それに固執する方には耳が痛い話をしました。

 

 

勿論、

 

 

社会全体として潮流変化は起こっていますが、特に、

最も守られた存在の『被雇用者』で、変動率が高い。

 

 

元々、

 

 

私たち事業者・経営者は、『変化すること』自体が、

どの時代も『定常状態』とインプットされています。

 

 

つまり、

 

 

時間の流れと共に、常に『変化』は起こると認識し、

その『変化』自体をキャッチ・アップしようとする。

 

 

しかし、

 

 

特に、大企業に就職した方々などは『安定』を求め、

自然界の必然である『変化』を嫌う傾向があります。

 

 

確かに、

 

 

1960年代後半から、2000年代前半までなら、

『変化』を避けても、生き延びれたかも知れません。

 

 

ただ、

 

 

ご存知の通り、そんな時代はとっくに終焉していて、

20年前の『常識』は、全て書き換えられています。

 

 

数年前、

 

 

AI(人工知能)進化が注目された時期がありますが、

その際、多くの仕事が奪われると話題になりました。

 

 

海外諸国でも、

 

 

2020年代の10年間で、現時点存在する仕事の、

50%から60%が失われてしまうとの調査結果が。

 

 

日本においては、

 

 

生産労働性が低いと見做された為か、海外基準より、

相当高い80%ほどの代替率であったと記憶します。

 

 

前述、

 

 

『仕事が失われる』と表現しましたが、その意味は、

決して『仕事が消えてなくなる』事ではありません。

 

 

勿論、

 

 

一部、本当に『消滅する仕事』もあるのでしょうが、

大部分は『機械に代替される』と表現した方が正確。

 

 

それは既に始まっていて、街中でも散見されますね。

 

 

スーパーマーケット、コンビニ『レジ係』と言えば、

典型的事例として、イメージして頂き易いでしょう。

 

 

僅か数年前、

 

 

その仕事は『海外労働者』により代替されましたが、

現在では、仕事そのものが『機械化』されています。

 

 

大都市圏を中心に、セルフレジ全盛の時代ですよね。

 

 

果たして、

 

 

それにより『仕事を失った』方々が、事実を認識し、

『健全な危機感』を抱いているかは甚だ疑問ですが。

 

 

以前、

 

 

日本人の『平均年収』が、直近30年間もの長期間、

殆ど上昇なく、横ばい傾向であるとご紹介しました。

 

 

日本全体として、

 

 

要は『誰でもできる仕事』をする人間が多いことが、

このような結果(惨状)を招く原因かも知れません。

 

 

代替される危機感で言えば、金融の世界も同じです。

 

 

かつて、

 

 

業界のトップに君臨したプライベート・バンカーは、

2022年現在、殆ど『過去の産物』化しています。

 

 

実際、

 

 

個人資産として『数億円』規模を所有する方々でも、

PB以外の選択肢を取る方々も、大多数いるでしょう。

 

 

この分野でも、

 

 

日進月歩の進化により、情報・投資手法が解放され、

世界に存在していた『歪み』は、調整されつつある。

 

 

例えば、

 

 

全世界の経済成長(インデックス)に投資するなど、

かつて存在しなかった、堅実を極めた投資手法です。

 

 

ドル・コスト戦略でも、ある程度の資産は作れます。

 

 

しかし、

 

 

他の凡ゆる業界同様、この分野(金融)においても、

『最も大切な情報』は、ネット上には出て来ません。

 

 

最終的に、『人』を介在して情報交換されるのです。

 

 

少しだけ例を挙げるなら、投資におけるトレンドは、

新興国にある企業が発行する『米ドル建債権』です。

 

 

未だ、

 

 

中国恒大発・中国の不動産リスクは燻り続けますが、

ここでも、債権の内部情報は簡単に表に出て来ない。

 

 

結局、

 

 

私たちは、マスメディアによる報道を視聴する形で、

『結果が判明した後』に、結果のみ知ることになる。

 

 

その結果が出る迄に、

 

 

市場の情報を読み解き、『内部情報』にアクセスし、

決断を下し『利益』を得ている人間がいるはずです。

 

 

とてもじゃないけど、これでディールに乗れません。

 

 

よって、インサイド情報を入手する脈が得られる迄、

私自身、この分野に手を出そうとは考えていません。

 

 

それよりも、自ら得る脈を有効活用することが先決。

 

 

それが、

 

 

自らが独立系ファイナンシャル・プランナーとして、

生き残っていく、『生命線』になると考えています。

 

 

話を戻して、最後に1つ大切な質問をして終えます。

 

 

あなたは、『機械人間化』して仕事してませんか??

 

 

所属業界が何処であれ、そのような働き方をしては、

近い将来、あなたの仕事は『失われて』しまいます。

 

 

『代替されない働き方』を考えることが、重要です。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile