逃げ切れません★

今日のテーマは『逃げ切れません』です★

昨日のブログで、従来の『確定給付型』年金から、

現在は『確定拠出型』年金に移行しているという話をしました。

これを聞いて、50代、60代の方々は、

『良かった。自分は確定給付型なので逃げ切った!』

と勘違いされているのではないでしょうか。

結論から言うと『逃げ切れません』ので悪しからず。

これは少し考えてみると当たり前です。

・『確定給付型年金』

→積立・運用金額と目標額の差額を企業が補填。

ということでしたが、補填する『お金』がなかったら、

企業側も支払うことができません。

実際にそういう事態も起こってきてて、

JAL:日本航空はOB世代の30%、現役の50%、

確定給付型年金の給付カットを実行中です。

しかし、これは特別なことではありません。

日本の人口統計では、これから2050年に向けて、

日本の人口は75%、9000万人になると予想されています。

ということはどういう事かと言うと、

企業でも、現役世代より退職世代の人数が大きく上回り、

『確定給付』の積立不足が続出するということです。

これからの企業の存続は、現在の売上状況の他に、

この『レガシーコスト』にも大きく左右されていきます。

僕の個人的な意見では、これを乗り越えられるのは

『相当体力のある数%の企業』だけではないでしょうか。

20代、30代の皆さん、

『仕事・出世だけに集中しとけば良い』という、

自分達の上司の言葉に惑わされないでください。

彼らとは、時代がまったく違います。

*そもそも、彼らも自分の状況をわかっていません。

40代の皆さん、今の人生はあなたがやってきたことの結果です。

これから気合い入れて頑張っていきましょう。

大学卒業後、20代前半から社会人スタートし、

定年退職65歳までの約40年間。

この期間ずっと安泰な企業なんて、

正直あるかどうかも誰にもわかりません。

労働期間よりも、企業寿命が短い時代に、

もうとっくに突入しています。

企業、政府に頼るのではなく、

『自分の人生は、自分で切り開く!』という覚悟がある人だけ、

ぜひ僕のお金のセッションにお越し頂けたらと思います★

きっと、希望をお示しできると思います(^o^)!

215

9 件のコメント