『収入が大きい=お金持ち』ではない★

今日のテーマは『収入が大きい=お金持ちではない』です★

一般的に、多くの方々が勘違いされてることがあります。

それは、

『収入が大きい=お金持ち』

だということ。

『収入があと20%あればなぁ。』

『年収が低いから、自分は資産を築けない。』

などと考えたことはありませんか?

『お金持ち』かどうかに、

実は絶対値による基準はありません。

基準となってくるのは、

個々人それぞれの生活支出で相対的なもの。

例えば、年収200万円で暮らしていける人

(なんらかその術を知っている人)が、

資産1000万円を持っていたとします。

この場合、この人が今、仕事をストップしたとしても、

単純計算5年ほどは生活できてしまうのです。

今、この瞬間からストップして、

5年も生活していける人は1%いるのでしょうか?

この人の資産額は1000万円程度ですが、

この人は『お金持ち』と言えます。

それに対して、月200万円ほど収入がある人でも、

毎月200万円ずつ使っていてはストップ出来ません。

収入が大きくても、『お金持ち』ではないのです。

基本的に、『収入が大きい』人ほど、

守りが弱くて『支出』の流れを多く持っています。

収入の『絶対値』は関係ありません。

以前のblogでも書きましたが、

収入の大小に関わらず『お金』を残せる人が『お金持ち』になれるのです。

『バビロンの大富豪』ジョージ・S・クレイソン著で書かれている、

『銀貨を1枚取っておく』

という言葉がとても好きです★

収入の1割をまず先に取っておき、残りの9割で生活する。

その『1割』の積み重ねが、資産運用の元手になるのです。

『お金持ち』になるチャンスは、

何気ない普段の生活の中に潜んでいます(^_^)

238

18 件のコメント