『もう1つ言わせてください』★

今日のテーマは『もう1つ言わせてください』です★

昨日のblogでは、

『生命保険』に関する非合理性の話をしました。

『日本人の常識?』で、

もう1つ僕らが理解不能なことがあります。

日本国内で売られているような、

経済的合理性のない『生命保険』を子供に掛けることです。

昨日もお話したように『生命保険』というのは、

対象者が今、この瞬間亡くなったときに、

将来的に必要な金額と現在の金融資産の差額を埋めるものです。

お子さんが亡くなったとき、

『経済面』という1つの観点から見たとき、

何かデメリットは生じるのでしょうか??

『将来は息子・娘に面倒見てもらおうと思ってた!』

という方は、生命保険を掛けるのかも知れません。

しかし、そんな情けない親は少ないでしょう。

そもそも、子供が亡くなったときに、

『お金』をもらって喜ぶ親なんていません。

では、なんでみんな意味不明な行動をとるか。

それは、保険会社が、

『子供に対する親の愛』につけこむからです。

一方で子供のために一生懸命に働き、

その一方ではせっせとドブに『お金』を捨ててる。

これが、多くの日本人が実際にしていることです。

『親の愛』は偉大です。

それにつけこんで、

全く意味のない『ドル箱商品』を売りさばく。

僕は小さい頃から、保険会社が本当に嫌いです。

このblogではこれからも、

少しずつ彼らのカラクリを暴いていこうと思います。

僕のセッションを受けられる方にお願いです。

極力、保険には入らず、『綺麗な身』で来てください(^_^)

244

35 件のコメント