日本の『年金システム』は破綻します★

あえて今更言うことでもないですが、

もしも、まだ気付いて無い人がいたら、あれなので一応。

『日本の年金システムは破綻する』

皆さんは、この事実をリアルに感じられますか??

このblogを読んでくれてる人は、

多くの方々が理解してくれると思う(^_^)

でも、世間一般的には、

まだまだ『どうにかなるでしょ』的な方も多いんちゃうかな。

単純な『足し算・引き算』の問題です。

『無いものは、払えない』という話。

どう考えても末期症状なので、

そう遠くない将来、必ず来る未来です。

リアルな計算として、

2030年頃に日本の『年金原資』は枯渇する予定です。

それを、少しでも『延命』しようと思って、

今、政府もいろいろ細工している最中です。

基本的なことを、少しだけ整理します。

『年金』というのは、国民から毎月掛け金を徴収して『運用』。

そして、受給開始年齢に達したら『お金』を受け取るというシステムです。

とてもシンプル。

大切なポイントは『運用』というとこ。

ただ単に積立ててるだけじゃないです。

で、そもそもこの運用利率が、

3~4%複利とかの計算やったと思います、、、

たぶんね、これは元々『破綻』するシステムです。

このシステムが回るためには、

日本が順当に人口増加するという仮定が根本にある。

経済規模は順調に成長し、

労働人口も高齢者を遥か上回る、という仮定が。

でも、日本の今とこれからは違いますよね。

2060年には遂に、労働人口と高齢者人口が4000万人強ずつで均衡します。

この頃までには、絶対に破綻してます。

僕は今30歳ですが、

僕らの年代なんて絶対に無いですから。

親の世代ですら、とても怪しいです。

受給開始年齢の先送り、支給額の減額は普通に行われるでしょう。

決して、甘い期待は持たないでください。

年金システムには国民年金と厚生年金、

そしてまた別に公務員とかの共済基金があったと思います。

でも、これも今では天井では繋がってるという話。

簡単に言えば『どんぶり勘定』

『お金』が足りないので、

あるとこから引っ張ってきての『自転車創業』です。

『免除期間の支払いを10年遡れるよ』キャンペーンなどで、

とにかく『今』のお金を回収しようという状態です。

今日の朝刊でも、

『厚生年金未納法人』の取締りを強化する記事が出てました。

該当80万社に対して、

場合によっては立ち入り調査までして、

厚生年金に『強制加入』させるらしいです。

これ、『今』のお金を集めてます。

『将来の国民のため』ではありません。

今から出てくるニュースで、

こういった細工の情報はどんどん出てきます。

ほんまに、政府に、会社に依存する時代は終わりました。

皆さんは、『自力で』自分の資産形成をしていきましょう(^O^)!

264

19 件のコメント