『ポンジ・スキーム』★

皆さん、『ポンジ・スキーム』を知っていますか??

1900年初頭、イタリア移民として米国に渡った、

『チャールズ・ポンジ』が名前の由来です。

不特定多数からの出資をあたかも運用してるかのように装い、

新規出資者の『お金』を、既存の出資者に配当等として支払う。

今も昔も、『詐欺』の常套手段です。

『そんな子供騙し、引っ掛かる奴おるんか??』

そんな声も聞こえてきそうです(^_^)

残念ながら、けっこういますよ(笑)

そして、皆さんが想像してるより、

『金額』としても相当大きい。

個人として最大規模の『投資詐欺』を働いたのは、

『バーナード・ローレンス・マードフ』

*『メイドフ』の方が読み的には近い。

『バーナード・マドフ証券投資会社』を設立し、

30年間にわたり『ポンジ・スキーム』を実践。

それまでの彼の経歴が華やかだったこともあり、

投資家、富豪、ハリウッドスターなんかも多く、

彼の投資能力を信じて『お金』を預けていた。

終焉の発端は、『サブプライムローン危機』。

株価の下落を受けて、複数の投資家から約70億$、

当時のレートで約6300億円の償還を求められたこと。

でも、もちろん『お金』が無いから返せなかった(笑)

最終的な被害総額は諸説ありますが、

約3兆円~6兆円と言われています。

当時のゴタゴタの中で、日本ではほぼ報道されてませんが、

世界ではとっても有名な話です(^_^)

で、今日話したかったのは『歴史の授業』じゃない。

皆さんに、ちゃんと知ってほしかった。

①『ポンジ・スキーム』というものがあります。

②『投資詐欺』の常套手段です。

③残念ながら、皆さん引っ掛かってます。

④被害総額は、莫大です。

以上!!

③くらいから、『んんっ!!』ってなりますよね(笑)

『俺、いつ詐欺に引っ掛かっててん?』みたいな(笑)

日本国民、みんな引っ掛かってます。

勘の良い人ならわかりますよね(^_^)

『年金システム』

これ、『ポンジ・スキーム』です。

いや、正しく言うと、昔は違いました。

いつの間にか『詐欺システム』になってました。

若い世代から集めた『お金』を、

ほとんどそのまま高齢者に渡してる状況。

困るのは、加入期間が短い人達です。

その人達がもらう頃には、確実に枯渇する。

そんなこと、もう明確にわかってるけど、

それでもまだ引き続いて徴収し続けている。

先日の新聞で、

『納付率が60%を回復』という報道もありました。

個人の年金支払いの概算収支は、

・40代:▲1000万円

・30代:▲1700万円

・20代:▲2300万円

と、わかっているにも関わらず、です。

この記事なんか見てると、

ほんまにいたたまれなくなります。

『個人』がやったら『詐欺』になる行為も、

『政府』がやったら『合法』になります。

なんか、不思議ですね。

今からの時代、

やっぱり自分で切り開くしかないです(^_^)

20代、30代のうちから、早めにスタート切ろう★

329

21 件のコメント