【量的緩和】による株式市場の膨張は、今後も【長期継続】か??

今日のテーマは、『【量的緩和】による株式市場の膨張は、今後も【長期継続】か??』です。

 

 

覇権国『米国』を中心に、『株式市場』は堅調です。

 

 

米国市場の代表指数『NYダウ平均株価』は、12月に入り、

『3万ドル』の大台を突破し、過去最高値を更新しました。

 

 

また、

 

 

日本市場の代表指数『日経平均株価』も、米国に引っ張られる形で、

『平成』の30年間には経験しなかった『高値圏』へと突入します。

 

 

本日(12月24日)現在、

 

 

同指数は『2万6000円台半ば』と高値を維持し続けており、

2020年内の『2万7000円台』も射程圏に捉えています。

 

 

皮肉にも、

 

 

『新型ウイルス』の感染拡大は、北半球が『冬』を迎える時期に加速し、

欧州発(?)として、『変異型』の存在も明らかになった、今日この頃。

 

 

日本国内でも、

 

 

現政権肝煎りの【Go To】関連事業が、一時中断に追い込まれて、

東京、大阪の大都市圏中心に、飲食店の時短要請も再開する時期。

 

 

『帰省』すら自粛喚起され、

 

 

年末年始の『人』と『経済』の流動性を封じられた中で、

『実体経済』と乖離する形で『株式市場』は続伸します。

 

 

この辺り、

 

 

『ロジック(理屈)』がまったく成立していない訳ではなく、

むしろ、株式市場が高騰する理由は、当然といえば当然です。

 

 

ご存知の方もいらっしゃる通り、

 

 

『コロナ前』の時代から、世界全体は『金融緩和』により支配されており、

『貨幣価値』が継続的に下落する世界では、市場の高騰は必然と言えます。

 

 

要は、

 

 

その『数字』が持つ『実質効力』も漸減傾向にある為、

『数字』にフォーカスした『成長継続』はもはや必然。

 

 

時折、

 

 

私自身、『資産運用は上手くいって、実質トントン』と表現しますが、

これは、保有資産が持つ『実質効力』を考慮して、発言しているもの。

 

 

言い換えれば、

 

 

この時代、『資産形成』により『利益』を出すことは当たり前で、

その達成を以って、ようやく『基準点』を突破している事になる。

 

 

そうなれば、

 

 

現時点で『資産形成(投資)していない』『負けている』という人は、

今後、厳しい『ディス・アドバンテージ』を抱えている事になります。

 

 

はっきりと、『負けゲーム』を戦っていると言った方が良いでしょうか。

 

 

前述の通り、

 

 

『コロナ前』の時代から、『金融緩和』により成立した世界は、

『コロナ禍』到来により、間違いなくその傾向を加速しました。

 

 

先日も、

 

 

早々に、世界の覇権国『米国』が、金融緩和の長期継続を発表し、

それを『好感』した株式市場は、引き続き高値圏推移しています。

 

 

一説には、

 

 

『新型ウイルス:ワクチン』承認・申請の影響もあると言いますが、

明らかに、市場全体として『楽観ムード』が漂って来ていますよね。

 

 

確かに、

 

 

多くの参加者(投資家)が、利益(含み益含む)を抱える現状は、

『精神衛生』上、安定的な『良い相場』が続いていると言えます。

 

 

しかし、

 

 

あまりにも、『実体経済』と乖離した形で『歪』が拡大すると、

調整局面における『ダメージ』も大きくなるので、要注意です。

 

 

繰り返しますが、

 

 

12月に入り、俄然、堅調に推移してきた『株式市場』ですが、

『平穏』な雰囲気とは裏腹に『アラート』が鳴り続けています。

 

 

その1つが、

 

 

米国の大手コングロマリット・シティ・グループが公表する、

市場の恐怖感と高揚感を対比した『センチメント指数』です。

 

 

同指数は、

 

 

証拠金債務やオプション取引等、指標の強気度を反映しますが、

今月に入り、前月比0.2ポイント上昇し、警戒を強めています。

 

 

因みに、

 

 

同指数が、前回、現水準の『1.10』を記録していた『8月』の時期は、

その直後に『調整(下落)』を迎えていますから、現実味を帯びますね。

 

 

歴史的投資家の言葉では、『理由なき熱狂』は、

いずれ『破綻』の時を迎えると示されています。

 

 

2020年も、残すところ1週間ほどに迫り、

世間は『平和なクリスマス』を迎えています。

 

 

ただ、

 

 

残り『数日』となった株式市場の取引においては、

もう『一波乱』が待ち受けているかも知れません。

 

 

個人的に、過度に『リスク』を恐れる必要はないと考えますが、

常に『アンテナ』は張り続けて、厳かに年末を過ごしましょう。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile