『リターン』という感覚のない『日本人』★

先日、ネットのニュースラインに、

典型的な『生命保険』の概要が載ってました。

おそらく結婚した方々が、

『とりあえず』といった感覚で入りそうなもの。

30歳男性の終身型の『生命保険』。

・保険金額:1000万円

・保険期間:終身

・保険料払込期間:30年

・保険料:20,000円/月

概要、どうですか??

みんな似たようなもんちゃうかな??(笑)

『保険金額』が大小で、

毎月の『保険料』に若干の差はありそうです。

で、ここからが問題。

取り上げられてた『解約返戻金』の金額です。

『保険料』支払い開始からの経過年数が、

・30年→約554万円

・35年→約826万円

・40年→約856万円

などと挙げられていました。

実際、多くの日本人は、

これに似たり寄ったりの保険に加入してます。

これ、海外では『アンビリーバブル』。

考えられない事態が日本で起こっています。

『保険料』月20,000万円の負担ということは、年間約24万円。

30年総額で『約720万円』を支払うわけです。

『720万円』というお金を『30年』かけて支払い、

『30年後』のリターンが『約554万円』、、、、

What’s!?(笑)

こんな『超理不尽』な契約、

僕には結ぶ『必要性』が見当たりません。

月20,000万円の保険料負担ということは、

最初の10年間だけで『240万円』を支払う計算です。

これを、年率4%程度で複利運用するだけでも、

ここで示されてる返戻金『約554万円』には達します。

じゃあ、残りの20年間分『480万円』は??

これ、どこに行ったんすか??

当初の10年間で支払う『240万円』は、

『20年間』という時間、自由を奪われるわけです。

それなら、その分『経済的合理性』を得るだけの、

『リターン』を求めるのが世界の普通の感覚。

日本人はその感覚が全くない。

なので、上記のような契約に多くが応じます。

『35年後には826万円も貰えるんや!』って、

底抜けに『お人好し』な国民性です。

『保険』に関して、日本人の評価は甘い。

ちょっとずつ払っていってて、

少しでも多く返ってくれば御の字。

『30年』とか長期契約してて元本割れしても、

『その間の安心を買った』とかいう始末(笑)

皆さん、ほんまに『お金』大切にしましょう。

・35年→約826万円

・40年→約856万円

という『5年間』の期間も、

ちゃんと計算したら年率1%も運用出来てません。

『800万円』という、

ある程度まとまった金額を運用してもこの程度です。

こんなもん、『国債』買って鼻ほじってても出来ます。

なぜ、『他人』にまで預けて、

『お金』の『自由度』を奪ってまでする必要あるのか??

やっぱり、まったくわからん(笑)

日本人には馴染みが少ないですが、

『お金』と『時間』は等価です。

だから、『時間』を拘束されるなら、

その分きっちり『リターン』を求める。

サラリーマンの方々、

『利息ゼロ』で計算された『年末調整』が戻ってきて、

『よっしゃー!』とか言うてる場合じゃないよ(^_^)★

330

13 件のコメント