『後出しジャン負け』★

今日のテーマは『後出しジャン負け』です★

日本政府と日銀は、ここ5年で、

すくなくとも『2つのボーンヘッド』をしています。

1つは約5年前、超デフレの時代に金融緩和しなかったこと。

米国や欧州が通貨供給量を約2~3倍にしていた頃、

日本はほとんど金融緩和をしていませんでした。

世界と合わせて、

マネーサプライのバランスを取ることは基本です。

『デフレ』時代は良くも悪くもないと考えますが、

それによって閉塞感が出て、消費・投資が抑制されるのは良くない。

『経済』とは、個人・企業が『お金』を回すことだからです。

2つ目のボーンヘッドは、

米国が金融緩和終息に向かうこの局面で、金融緩和を継続することです。

ここ1ヶ月での急速な円安への進展は、

『消費増税』も相まって、個人消費と企業投資に大きな打撃を与えています。

いつも、やっていることが『逆』。

まさに、後出しジャンケンで負け続けてる状況です。

なんで、日本はこんなに『経済』に弱いのか?

それは、日本人の『優秀さ』が理由と考えます。

今まで、日本人はその『優秀さ』故、

実態経済では勝ち続けてきました。

シンプルに言うと、外国人が欲しがるような、

品質の高いものを生み出してきた、ということです。

実際に『価値』を生み出し、『お金』を得てきた。

これは真っ当な方法で、世界に誇るべきことです。

逆に、『金融』の経済で買ってきたのは、

香港やシンガポールといった、人、資源、産業のない国々です。

これらの国は、『金融』で勝負するしかなかったのです。

日本が、『金融』で勝負することなく、

『お金持ち』になり得たのは誇るべきこと。

しかし、これからは『経済』の勉強も不可欠です。

政府や日銀に、期待するのはやめましょう。

誰であれ、あのポジションで力を発揮するのは難しい。

これからの時代は、

1人1人が『個』の力を上げていくことが大切です(^_^)

233

5 件のコメント